メインメニューを開く
松平直致

松平 直致(まつだいら なおむね、嘉永2年8月4日1849年9月20日) - 明治17年(1884年6月28日)は、明治時代初期の知藩事播磨国明石藩第10代(最後)の藩主。直良系越前松平家11代。

夫人は岸和田藩12代藩主岡部長寛の娘・鎮姫。官位官職は従四位上のち従四位、侍従、左兵衛督。

生涯編集

嘉永2年(1849年)、明石藩9代藩主松平慶憲の長男として江戸藩邸にて誕生する。母は側室の古満子(小林氏)。幼名は薫次郎。文久元年(1861年)に元服し、父・慶憲より直致と名付けられる。慶応3年(1867年)、江戸城に初登城するが、将軍徳川慶喜不在のため、老中稲葉正邦と面会する。明治元年(1868年)、太政官より従四位上、侍従を叙任、左兵衛督に任官する。この年、自邸の一部を開放し、藩校・敬義館を興す。慶應義塾に学び[1]、明治2年(1869年)、慶憲の隠居に伴い家督を相続する。版籍奉還により知藩事となる。この年、鎮姫と婚姻する。

明治4年7月14日1871年8月29日)、廃藩置県により明石県が置かれ、知藩事職を免官となる。東京へ移住する。その後、11月2日12月13日)に明石県は姫路県に併合され、1週間後に姫路県は飾磨県と改称された。明治17年(1884年)4月2日に隠居して弟の直徳が家督を継ぎ[2]、同年6月28日に病没した。

脚注編集

  1. ^ 『慶應義塾入社帳 第1巻』456項。
  2. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、605頁。

参考文献編集