松平知清

江戸時代中期の大名。白河新田藩主

松平 知清(まつだいら ちかきよ)は、江戸時代中期の大名陸奥国白河新田藩初代藩主。官位従五位下主殿頭

 
松平知清
時代 江戸時代中期
生誕 天和2年11月12日1682年12月10日
死没 享保6年閏7月10日1721年9月1日
戒名 万丈院殿竜湛英門大居士
墓所 東京都豊島区駒込の泰宗寺
官位 従五位下主殿頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家宣家継吉宗
陸奥白河新田藩
氏族 越前松平家支流前橋松平家(結城家)
父母 松平直矩、村上氏
兄弟 基知宣富知清本多忠貞
堀田正親正室ら
本多氏
義知宗矩長煕松平基知養女
テンプレートを表示

生涯編集

天和2年(1682年)、陸奥白河藩主・松平直矩の四男として誕生。

父の死後、家督は兄・基知が継いだが、正徳2年(1712年)3月に兄から1万石を分与されて、白河新田藩主となった。また、兄から偏諱を授かって知清と名乗った。

享保6年(1721年)閏7月10日に死去した。享年40。跡を長男・義知が継いだ。

系譜編集