メインメニューを開く

松平 綱隆(まつだいら つなたか)は、出雲松江藩の第2代藩主。直政系越前松平家宗家2代。松江藩初代藩主・松平直政の長男。

 
松平綱隆
Matsudaira Tsunataka.jpg
松平綱隆像(月照寺蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 寛永8年2月23日1631年3月25日
死没 延宝3年閏4月1日1675年5月25日
改名 久松丸(幼名)→綱隆
戒名 宝山院殿高誉元真道徹大居士
墓所 島根県松江市外中原町の月照寺
官位 従四位下、信濃守、出羽守、侍従
幕府 江戸幕府
出雲松江藩
氏族 越前松平家
父母 父:松平直政
母:久姫(慶泰院、松平忠良の娘)
兄弟 綱隆近栄隆政直丘
正室:亀姫(天称院、松平忠昌の娘)
側室:平賀氏(養法院)
大学弁丸小次郎綱近吉透、津与(有馬頼元正室)、豊姫(松平近時正室)、清(三女)

生涯編集

慶安4年12月26日(1652年)、元服する。将軍徳川家綱より偏諱を授かって綱隆と名乗り、従四位下・信濃守に叙任する。寛文6年(1666年)2月、父が死去したため、同年4月10日に家督を継いだ。その時に次弟の近栄に3万石(広瀬藩)、三弟の隆政に1万石(母里藩)を分与している。同年12月28日、侍従に遷任する。信濃守を止め、出羽守を兼任する。

直政の治世末期からすでに始まっていた社会不安や士風の弛緩、さらには財政悪化の兆しなどから、藩内で混乱が始まる。その始まりが重臣香西隆清(こうざい たかきよ)の追放事件、次いで大水害による大被害である。これらにより、藩内では混乱と財政悪化が隠し切れないものとなり、綱隆は米・雑穀の移出禁止、酒造の禁止、藩札を発行することなどでこれを切り抜けようとしたが、逆に財政が悪化した。しかも延宝元年(1673年)には、綱隆が小野隆俊(おの たかとし)の美貌の妻に横恋慕するあまり、彼に無実の罪を着せて流罪とするという事件も起こった。後に隆俊は死んだため、松平家はその怨霊を恐れて推恵社に彼を祀ったが、綱隆は延宝3年(1675年)閏4月1日に突如として急死した。享年45。跡を四男の綱周(綱近)が継いだ。

あまりに突然の死であったため、隆俊の亡霊に殺されたと噂されたと言われている。

偏諱を与えた人物編集

  • 松平(実弟、母里藩松平氏初代)
  • 小野俊(家臣)
  • 香西清(家臣)