松平義和

美濃高須藩第9代藩主

松平 義和(まつだいら よしなり)は、江戸時代後期の大名美濃国高須藩9代藩主。官位従四位下侍従中務大輔左近衛権少将

 
松平義和
時代 江戸時代後期
生誕 安永5年8月14日1776年9月26日
死没 天保3年1月15日1832年2月16日
改名 泰之丞(幼名)、保右、保友、義和
戒名 泰量院功誉徳岸賢翁
官位 従四位下侍従中務大輔左近衛権少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
美濃高須藩
氏族 水戸徳川家高須松平家
父母 徳川治保、前田氏
松平義居
兄弟 徳川治紀、述姫、雅姫、義和
土屋彦直、郷姫、徴姫
平松氏、松平氏
義質義建容敬遠藤胤昌、宣姫
テンプレートを表示

生涯編集

水戸藩6代藩主・徳川治保の次男として誕生。母は側室の前田氏。幼名は泰之丞。7代藩主・徳川治紀は兄。初め父より偏諱を受けて保右(もりすけ)、保友(もりとも)と名乗る。

文化元年(1804年)10月19日、松平義居末期養子として家督を相続し、高須藩主となった。義和に改める。同年12月15日、11代将軍徳川家斉御目見した。同年12月18日、従四位下・侍従・兼中務大輔に叙任される。

文化2年(1805年)12月28日、左近衛権少将に任官される。天保3年(1832年)正月15日、57歳で死去した。家督は次男・義建が継いだ。

系譜編集