メインメニューを開く

松平 義孝(まつだいら よしたか)は、美濃高須藩の第2代藩主。徳川宗春の兄に当たる。

 
松平義孝
時代 江戸時代中期
生誕 元禄7年9月27日1694年11月14日
死没 享保17年5月21日1732年6月13日
改名 万三郎(幼名)
戒名 高徳院尊譽超岳英隆大居士
墓所 美濃高須の行基寺
官位 従四位下、日向守、左近衛権少将、摂津
幕府 江戸幕府
主君 徳川家継吉宗
美濃高須藩
氏族 尾張徳川家高須松平家
父母 父:徳川綱誠、母:唐橋(里見氏・卓然院)
養父:松平義行
兄弟 徳川吉通徳川継友義孝通温徳川宗春松姫喜知姫
正室本庄資俊の娘
元姫(茂登姫松平頼寛正室)
養子友淳

生涯編集

尾張藩主・徳川綱誠の十五男。母は側室の唐橋(里見氏・卓然院)。

元禄14年(1701年)叔父で初代藩主の松平義行の養子となり、正徳5年(1715年)に家督を相続した。男子がなかったため、叔父(義行の弟)松平友著の子・友淳(後の尾張藩主徳川宗勝)を養子とし、義淳と名乗らせて後嗣とした。享保17年(1732年)に死去した。享年39。