メインメニューを開く

松平義当

松平 義当(まつだいら よしまさ)は、美濃高須藩の第7代藩主。

 
松平義当
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 元文2年12月1日1738年1月20日
死没 享和元年10月16日1801年11月21日
改名 幸之丞(幼名)。勝当→義当
戒名 大滋院空誉常夏慧念
墓所 岐阜県海津市南濃町上野河戸の行基寺
官位 従四位下、左少将、弾正大弼
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
美濃高須藩
氏族 尾張徳川家高須松平家
父母 父:徳川宗勝
養父:松平義裕
兄弟 萬彌、徳川宗睦義敏義当勝長勝綱竹腰勝起井上正国内藤頼多勝鷹内藤政脩
娘(前田斉広正室のち近衛基前室)
養子:義居

生涯編集

尾張藩主・徳川宗勝の五男。初め父・宗勝の1字を受け勝当(かつまさ、旧字体:勝當)、のち高須藩継承時に義当(よしまさ、旧字体:義當)と名乗る。

寛延元年(1748年)9月15日、徳川家重徳川家治父子に拝謁する。同年12月21日、従五位下弾正大弼に叙任する。直ちに従四位下左少将に昇進する。寛政7年(1795年)9月28日、先代藩主・義裕の死去により、末期養子として家督を相続した。寛政11年(1799年)12月18日、従四位上に昇進する。享和元年(1801年)10月16日、65歳で死去し、跡を養嗣子の義居が継いだ。