松平頼渡

江戸時代中期の大名、伊予西条藩第3代藩主

松平 頼渡(まつだいら よりただ)は、江戸時代中期の大名伊予国西条藩3代藩主。官位従四位下権少将侍従左京大夫

 
松平頼渡
時代 江戸時代中期
生誕 宝永3年11月14日1706年12月18日
死没 元文3年3月16日1738年5月4日
改名 万吉丸(幼名)、頼安、頼渡
戒名 恵日院殿道明日輝大居士
官位 従四位下権少将侍従左京大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
伊予西条藩
氏族 紀州徳川家支流西条松平家
父母 松平頼純、佐藤氏
松平頼致
兄弟 渡辺恭綱頼路頼廉頼雄頼致
尚峯頼渡、於留天姫、清姫、与伊、
八千、女子、梅、初、四方、嘉奈、女子
松平忠雅娘清性院
梁田氏、林氏
頼邑、幸姫、成、知衛、嘉代
テンプレートを表示

略歴編集

宝永3年(1706年)11月14日、初代藩主・松平頼純の七男(六男との説もある)として誕生。幼名は万吉丸。

享保元年(1716年)、兄で先代藩主であった頼致(徳川宗直)が、従弟にあたる徳川吉宗の跡を受けて紀伊藩主に転出したため、その跡を受けて西条藩主となった。山井崑崙を登用して文学の奨励を行ったり、窮民の救済、多喜浜塩田などの塩浜築造に尽力している。

元文3年(1738年)3月16日、33歳で死去し、跡を長男・頼邑が継いだ。

系譜編集