メインメニューを開く

松平頼真

江戸時代中期の大名。高松藩第6代藩主

松平 頼真(まつだいら よりざね)は、讃岐高松藩の第6代藩主。

 
松平頼真
時代 江戸時代中期
生誕 寛保3年1月23日1743年2月17日
死没 安永9年3月5日1780年4月9日
改名 軽千代・右京(幼名)→頼真
諡号 定公
戒名 瑞麟院殿表蓮社陰誉義徳源定大居士
墓所 香川県高松市仏生山町の法然
官位 従四位下、讃岐守、左近衛権中将
幕府 江戸幕府
讃岐高松藩
氏族 高松松平家
父母 父:松平頼恭、母:細川宣紀の娘
兄弟 頼真頼起頼昌頼周頼裕
正室:薫姫徳川宗直の娘)
頼儀、勝(酒井忠進婚約)
養子:頼起

生涯編集

寛保3年(1743年)1月23日、第5代藩主・松平頼恭の長男として生まれる。明和8年(1771年)に父が死去したため家督を継いだ。安永元年(1772年)12月に従四位下・左近衛権中将に叙位・任官した。

風水害や高松の大火などの災害にたびたび悩まされ、困窮した領民からの租税を免除して救済に努めている。しかし父の時代に行なわれた改革の影響もあって、次第に藩財政は好転し、安永5年(1776年)6月には藩士の知行を元に戻すなどしている。安永8年(1779年)に藩校・講道館を創設し、初代総裁として後藤芝山を招聘した。

安永9年(1780年)3月5日、江戸で死去した。享年38。実子の雄丸(のちの頼儀)は6歳という幼少のため、跡を異母弟で養子の頼起が継いだ。