メインメニューを開く
松木幹一郎(1930年)

松木 幹一郎(まつき かんいちろう、1872年3月10日明治5年2月2日) - 1939年昭和14年)6月14日)は、愛媛県に生まれ、明治から昭和初期にかけて活動した官僚実業家後藤新平の信頼が篤く、東京帝国大学卒業逓信省鉄道庁に勤めた後、台湾電力社長、帝都復興院副総裁などを務めた。

略歴編集

 
台湾日月潭台電社長松木幹一郎の胸像,2010年3月台湾奇美実業の創設者許文龍重塑寄付


栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第4326号「叙任及辞令」1897年12月1日。
  2. ^ 『官報』第8073号「叙任及辞令」1910年5月23日。
  3. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

外部リンク編集