メインメニューを開く

松本 亀吉(まつもと かめきち、1967年2月26日 - )は日本の元ライター、コラムニスト。ライター時代は特殊会社員と自称した[1]

目次

来歴・概要編集

大阪府豊中市生まれ。1987年、関西大学社会学部在学中にミニコミ『溺死ジャーナル』を創刊。太田出版の編集者、赤田祐一に見出され、1996年から『Quick Japan』のレギュラー・ライターとなる。

1997年から2003年にかけて『STUDIO VOICE』週刊宝石』BUZZ』など複数の雑誌でコラムを連載。その後も『CDジャーナル』『マンスリーよしもとPLUS』『サイゾー』などに寄稿。ライター活動と並行してアンダーグラウンドシーンに関わり、ライブイベントを企画、出演していた。

2011年4月25日、ライブストリーミングスタジオ「DOMMUNE」にてイベント「カメキチ・ミュージック・フェア」(出演は平賀さち枝Negicco豊田道倫+久下惠生、クリトリック・リス)を開催。

2011年12月、アイドルグループPerfumeの楽曲使用をめぐりトラブルを起こし所属事務所に謝罪し、執筆活動を休止。普通の会社員に戻ると宣言[1]

2017年10月3日、6年6ヶ月ぶりに「DOMMUNE」にて『溺死ジャーナル』創刊30周年記念トークショーとイベント「カメキチ・ミュージック・フェア2」(出演は・・・・・・・・・、キングジョー、ウルトラファッカーズ、角矢胡桃、ハポン。、大森靖子)を開催。

人物編集

  • 初期は過激な悪評や悪態をついたレビューが目立ち、単行本デビュー時のキャッチコピーは「無粋で無礼な青二才」。CoccoDragon Ashフィッシュマンズ等のアーティストの作風を批判し、物議を醸した。
  • ボアダムス結成時からの熱狂的ファンで「初期のライブはほとんど観ていた」と言う。

作品編集

出典編集

  1. ^ a b 「さようなら松本亀吉」、『クイック・ジャパン』、太田出版、2012年2月、 182-183頁、2012年9月22日閲覧。

外部リンク編集