メインメニューを開く

長野師範学校(ながのしはんがっこう)は、かつて長野県が設置していた師範学校。新制信州大学の発足に伴い、その教育学部の一部となった。

目次

沿革編集

旧・長野県立、筑摩県立並設期編集

筑摩県師範講習所、筑摩県師範学校編集

  • 1873年(明治6年)5月 - 筑摩県筑摩県師範講習所を開設(松本開智学校内)[1]
  • 1873年(明治6年)8月 - 松本宮村町瑞松寺に移転し、附属小学校を設置。
  • 1874年(明治7年)2月 - 稽古所 (分教場) を飯田に設置。
  • 1874年(明治7年)10月 - 筑摩県師範学校と改称。

長野県師範講習所、旧・長野県師範学校編集

  • 1873年(明治6年)8月 - 旧・長野県長野県師範講習所を開設 (長野東之門宝林院念仏堂内)[1]
  • 1874年(明治7年)9月 - 長野西町西方寺に移転。
  • 1875年(明治8年)6月 - 飯山上田岩村田に師範予備校を設置[2]
  • 1875年(明治8年)12月 - 長野県師範学校と改称。
    • 新校舎 (現・長野市立図書館付近) に移転。同月、師範予備校を師範支校と改称。

長野県立期編集

旧・長野県師範学校編集

  • 1876年(明治9年)9月 - 筑摩県と長野県の合併により、旧筑摩県師範学校は長野県師範学校松本支校となる[3]
  • 1876年(明治9年)12月 - 修業年限2年となる。
  • 1877年(明治10年)12月 - 飯山・上田・岩村田の師範支校を廃止[4]
  • 1882年(明治15年)9月 - 規則改定。
    • 中等師範学科(修業年限2年半)・高等師範学科(4年)を設置。
  • 1883年(明治16年)6月 - 松本支校を廃止。師範学校本校を松本に移転。

長野県尋常師範学校編集

  • 1886年(明治19年)9月 - 長野に移転。師範学校令により長野県尋常師範学校と改称 (4年制)。
    • 校舎は県会議事堂 (松本移転前の旧師範学校校舎) を使用。
  • 1887年(明治20年)10月25日 - 西長野町(現・信州大学教育学部所在地)の新校舎に移転。開校式挙行。
    • 同年、旧校地に附属小学校を設置。
  • 1888年(明治21年)4月 - 女子部を設置(翌1889年から 3年制に短縮)。
  • 1894年(明治27年)9月 - 小学校教員講習科(修業年限6ヶ月)を設置[5]
    • 尋常小学校本科正教員養成が目的。
  • 1898年(明治31年)3月 - 小学校教員講習科に第二種を設置[6]
    • 尋常小学校本科准教員養成が目的。

長野県師範学校編集

  • 1898年(明治31年)4月 - 師範教育令により長野県師範学校と改称。
  • 1900年(明治33年)4月 - 小学校教員講習科を 5種に分割。
    • 従来の第一種は第二種、従来の第二種は第三種と改称。
  • 1905年(明治38年)4月 - 女子部を分離、長野県松本女子師範学校を設置。
  • 1908年(明治41年)4月 - 本科第二部を設置 (中学校卒業者対象、1年制)。
  • 1908年(明治41年)5月9日 - 東隣の県庁焼失。生徒ら校舎防火・書類運び出し等に従事。
  • 1908年(明治41年)5月22日 - 師範学校講堂・体操場など計8棟焼失。
  • 1908年(明治41年)6月15日 - 師範学校本館など計3棟焼失。
  • 1909年(明治42年)9月 - 新校舎一部落成。
  • 1910年(明治43年)2月 - 講堂落成。小学校教員講習科新規定制定 (4種構成に)。
  • 1915年(大正4年)12月 - 寮歌制定。『見よや曙 東の』(坂井衡平 作詞)。
  • 1918年(大正7年)1月 - 本科第二部の修業年限を1年4ヶ月に延長。
  • 1918年(大正7年)4月 - 臨時教員講習所を設置。
  • 1923年(大正12年)4月 - 本科第二部の修業年限を 2年に延長。
  • 1925年(大正14年)4月 - 本科修業年限を変更。専攻科 (1年制) を設置[7]
    • 本科第一部(4年→5年、2年制高小卒対象に変更)・同第二部(2年→1年)。
  • 1931年(昭和6年)4月 - 本科第二部の修業年限を 2年に延長。
  • 1933年(昭和8年)6月 - 通学生控室を改造、生徒研究室 「清明堂」 を開設。
  • 1934年(昭和9年)11月 - 飯綱高原に修練道場 「洗心寮」 開所。

長野県松本女子師範学校編集

  • 1902年(明治35年)4月25日 - 文部大臣により長野県松本女子師範学校設立認可。
  • 1902年(明治35年)5月2日 - 1905年4月開校を告示。
  • 1905年(明治38年)4月 - 14日、第1回入学式。15日、開校式を挙行。
  • 1908年(明治41年)3月31日 - 本科第一部の修業年限を 3年から4年に延長。
  • 1917年(大正6年)3月18日 - 本館ほか焼失。
  • 1918年(大正7年)9月 - 校舎新築竣工。
  • 1919年(大正8年)1月 - 講堂落成式を挙行。
  • 1925年(大正14年)4月 - 本科第一部の修業年限を 5年に延長。
  • 1926年(大正15年)4月 - 専攻科(1年制)を設置。
  • 1929年(昭和4年)3月 - 県立松本第二高等女学校を併設。
  • 1932年(昭和7年)12月 - 経費削減のため本科第一部募集停止。
  • 1934年(昭和9年)1月 - 本科第一部募集再開。

官立期編集

長野師範学校編集

  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 長野県師範学校・長野県松本女子師範学校を統合し、官立長野師範学校設置。
    • 旧長野県師範学校校舎に男子部、旧長野県松本女子師範学校校舎に女子部を設置。
  • 1943年(昭和18年)9月 - 新校歌制定。『信州天に迫りて高く』(風巻景次郎 作詞、平井保喜 作曲)。
  • 1945年(昭和20年)3月 - 学校工場を開設(敗戦により9月閉鎖)。
    • 男子部第一 (三菱飛行機)・同第二(凸版印刷)・女子部(三菱飛行機)。
  • 1947年(昭和22年)1月4日 - 予科妻科寮 1棟焼失。
  • 1947年(昭和22年)4月 - 附属小学校・中学校(新制)を新設。
  • 1949年(昭和24年)3月 - 松本真澄高等学校(元・女子部併設の松本第二高女)惜別会を挙行。
  • 1949年(昭和24年)4月 - 男女共学となる。
    • 性別に関係なく、長野・松本のうち近い方への通学が選択可能となった。
  • 1949年(昭和24年)5月31日 - 新制信州大学発足。
    • 青師と共に教育学部の母体として包括され、信州大学長野師範学校と改称。
  • 1951年(昭和26年)3月 - 信州大学長野師範学校、廃止。

校地編集

長野県師範学校・官立長野師範学校男子部

長野県尋常師範学校時代の 1887年以来、西長野町 (現・長野市西長野) の校地を使用し続けた。西長野校地は後身の新制信州大学教育学部に引き継がれ、現在に至っている。

長野県松本女子師範学校・官立長野師範学校女子部

1905年の松本女子師範学校設立以来、松本市元原町 (現・桐1丁目) の校地を使用し続けた。松本校地は後身の新制信州大学教育学部に引き継がれ、松本分校となった。松本分校は1966年4月に廃止され、長野の本校に統合された。現在、旧松本校地には、教育学部附属松本小学校松本中学校・幼稚園が存在する。

歴代校長編集

長野県師範学校(前身諸校を含む)
  • 肥田野畏三郎:1882年1月 - 1882年7月
  • 能勢栄:1882年7月 - 1885年8月
  • 塩野宗一:1885年11月 - 1886年9月
  • 浅岡一:1886年9月[8] - 1893年11月27日
  • 正木直太郎:1893年11月29日 - 1899年10月26日
  • 深井弘:1899年10月26日 - 1902年4月16日
  • 原竜豊:1902年4月17日 - 1908年7月8日
  • 柴垣則義:1908年7月13日 - 1911年5月5日
  • 太田秀穂:1911年5月5日 - 1912年4月1日
  • 星菊太:1912年4月16日 - 1915年9月4日
  • 内堀維文:1915年9月4日 - 1917年7月6日
  • 小島政吉:1917年7月6日 - 1919年6月
  • 磯貝泰助:1919年6月 - 1924年4月
  • 豊田潔臣:1924年4月 - 1928年4月
  • 片山昇:1928年4月 - 1933年1月
  • 清水暁昇:1933年1月 - 1936年3月
  • 中島正勝:1936年3月 - 1939年8月
  • 上山道造:1939年8月 - 1940年4月
  • 熊谷美登利:1940年4月 - 1943年3月
長野県松本女子師範学校
  • 矢澤米三郎:1905年2月7日 - 1924年4月
  • 山松鶴吉:1924年4月 - 1928年12月
  • 小林和一:1928年12月 - 1936年3月
  • 楢崎善一:1936年3月 - 1939年6月
  • 戸田克己:1939年6月 - 1943年3月
官立長野師範学校
  • 鈴木正明:1943年4月1日[9] - 1945年11月24日[10]
  • 岩波喜代登:1945年11月24日[10] - 1949年12月
    • 新制信州大学教育学部 初代学部長
  • 山中肇:1949年12月 - 1951年3月
    • 新制信州大学教育学部 第2代学部長

著名な出身者編集

脚注編集

  1. ^ a b 『信州大学教育学部九十年史』(1965年)による記述。信州大学教育学部沿革史概要(同窓会サイト内)によれば、両県の師範講習所はいずれも1873年9月開設、同10月2日講習開始。以後の記述も、『九十年史』 と同窓会サイトとでは若干の差異が存在する(同窓会サイトの方が詳細)。
  2. ^ 信州大学教育学部沿革史概要(同窓会サイト内)では、「予科学校」。岩村田の予科学校は11月設置。
  3. ^ 信州大学教育学部沿革史概要(同窓会サイト内)では、長野県師範学校松本支校となったのは 1876年10月。
  4. ^ 信州大学教育学部沿革史概要(同窓会サイト内)では、師範支校は 1877年8月廃止。
  5. ^ 信州大学教育学部沿革史概要(同窓会サイト内)では、小学校教員講習科は 1894年4月設置。
  6. ^ 信州大学教育学部沿革史概要(同窓会サイト内)では、第二種講習科は1899年4月設置。
  7. ^ 信州大学教育学部沿革史概要(同窓会サイト内)では、専攻科は翌1926年4月設置。
  8. ^ 『官報』第2625号(明治25年4月2日)によれば、校長の任命は1892年4月1日である。
  9. ^ 『官報』第4865号、昭和18年4月2日。
  10. ^ a b 『官報』第5664号、昭和20年11月28日。

関連書籍編集

  • 信州大学教育学部九十年史編集委員会(編) 『信州大学教育学部九十年史』 信州大学教育学部創立九十周年記念会、1965年
  • 信州大学教育学部五十年誌編纂部会(編) 『信州大学教育学部五十年誌』 信州大学教育学部、1999年10月。

関連項目編集

外部リンク編集