メインメニューを開く

松本家の休日』(まつもとけのきゅうじつ)は、朝日放送テレビ[1](ABC)で2014年10月10日10月9日深夜)から(JST)放送されているバラエティ番組関西ローカル)。松本人志ダウンタウン)の冠番組

松本家の休日
ジャンル バラエティ番組
構成 さだ(出演兼務)
演出 並木慶BACK-UP
出演者 松本人志ダウンタウン
蛍原徹雨上がり決死隊
たむらけんじ
さだ構成作家
オープニング 山口百恵夢先案内人
エンディング 山口百恵 「プレイバックPart2
プロデューサー 奥田智、桒山哲治(共に朝日放送テレビ)
中澤晋弥(吉本興業
松生藍(BACK-UP
制作 朝日放送テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
第1期
放送期間 2014年10月10日10月9日深夜) - 2016年9月30日9月29日深夜)
放送時間 金曜日木曜日深夜
1:39 - 2:14
放送分 35分
第2期
放送期間 2016年10月9日10月8日深夜) -
放送時間 日曜日土曜日深夜)
0:45 - 1:15
→ 0:35 - 1:05
→ 0:05 - 0:35
→ 0:10 - 0:40
放送分 30分

特記事項:
2017年4月22日(土曜日)から一時期、翌日未明の本編の前座に事前ミニ枠『このあと松本家の休日』(23:59 - 翌0:05)も別途放送。20183月25日(2017年度最終放送日)までの制作局は、認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、朝日放送
テンプレートを表示

概要編集

松本は、『摩訶不思議 ダウンタウンの…!?』以来約21年ぶりの在阪テレビ局制作の関西ローカル番組、および朝日放送テレビ[1]制作番組のレギュラー出演であり、松本の関西ローカルでの単独出演は当番組が初めてとなる。出演者の松本、宮迫、たむらが、東京で飲んでた時に「大阪で半年後くらいに、ふわっとした番組やりたいなぁ」と話したと聞きつけた吉本興業が朝日放送テレビ[1]に働きかけて、後に宮迫が驚く程の、わずか2週間で実現。

2018年現在、テレビ朝日を除くすべてのテレビ朝日系列など、全国25局で放送されている。

内容は、架空の家族「松本家」が大阪を中心とする関西で、1万円を使って遊んだりグルメを堪能するというもので、松本は「お母ちゃん」、宮迫は「お父ちゃん」、たむらは長男の「けんじ」、構成作家のさだは妹の「さだ子」として出演。基本的に一つの企画につき2~3週に分けられ、1週目の冒頭は、松本家のリビングのセット[2]で、家族会議の名目でフリートークをしながら、行き先と1万円の使い道を話し合い、実際に遊び(ロケ)に出る[3]。2週目以降は前回の続きから始まる。[4]

お母ちゃんが持つ1万円の入った財布は、番組開始当初はビニール製の花柄のがま口長財布を使っていたが、松本が若手時代にアルバイトしていたスナックのママと再会した際、ママが松本にプレゼントとしてワニ柄の黒い財布をプレゼントし、更にママが松本の持っている花柄の財布を欲しがる。そこで松本は、その財布をあげる代わりに、ママからプレゼントされたワニ柄の財布を番組で使う事を提案し、以降はワニ柄の財布を使っている。

お金が余ると、貯金として蓋付きのガラス瓶の中にプールされる。このお金は、最初の1万円が足りなくなった時に使ったり[5]、競馬や競艇企画で、最初の1万円プラス貯金を注ぎ込み、所持金を増やす時に使う。

松本の相方で、松本と共通の思い出がある浜田雅功の名前が度々出てくる事があり、松本は浜田の事を「浜田のおっちゃん」と呼んでいる。これに対して宮迫は相方の蛍原徹の話をする時には「(お父ちゃんの知り合いの)おかっぱさん」と呼んでいる。

番組内のBGMは、主に松本が大ファンだった山口百恵の曲[6]

2016年10月期より、日曜日未明(土曜日深夜)へ引っ越しとなり、引っ越し後の第1回放送は2016年10月9日10月8日深夜)。朝日放送テレビ[1]では、土曜日や日曜日の15・16時台に再放送するケースが多くなったが、今回の時間帯変更を大いに利用し、10月1日の16:55から17:25では、2015年7月24日(23日深夜)の放送回を再放送し、10月8日の15:55 - 16:55には『傑作選』として、2015年8月14日(13日深夜)・21日(20日深夜)に放送した「鶴橋でハラミますねん」が放送[7]

お蔵入りと放送内容変更・その後の放送解禁編集

2017年3月26日(25日深夜)の#115は前週から引き続き大阪・新世界でのロケを放送することが予告されていたが、ロケで訪問していた串カツ店「だるま」の運営会社「一門会」の不祥事が放送前の同年3月14日に発覚したことを受け[8]、特にテロップなどで告知することなく放送を見合わせ(いわゆるお蔵入り)、神戸・新開地でのロケに急遽放送内容が変更された。

その後、不祥事から1年経過したことで2018年3月18日(17日深夜)の#161として、放送を解禁することになった(後述の放送リストを参照)。

お父ちゃん役・宮迫博之の降板と蛍原徹との交代編集

お父ちゃん役で出演している宮迫博之が闇営業で反社会勢力(詐欺師集団)からの金銭の受領が確認されたことから、2019年6月24日に吉本興業が宮迫の謹慎処分を発表したことを受け[9]、6月30日(29日深夜)の朝日放送テレビでの放送は休止となり、別番組『家事ヤロウ!!!バカリズム×中丸×カズレーザーが漬けるだけ料理に挑戦!!』(当時、ローカルセールス枠で朝日放送テレビでは未放送)に差し替えられた[10]。翌週7月7日(6日深夜)の#220冒頭でお母ちゃん役の松本人志より、当面は宮迫が番組を休演することが発表された。#220は当初の予定を変更し、お父ちゃんの勤めるネジ工場の後輩、大輔のオッチャンを演じる宮川大輔をゲストに迎え、スタジオにてクイズ大会が放送された[11]

朝日放送テレビは2019年7月17日に行われた定例会見にて、7月28日(27日深夜)から宮迫の正式な代役を立てることを明らかにした[12][13]が、2日後の7月19日に宮迫と金塊強奪犯たちとの交際が写真週刊誌に報道され、吉本興業が宮迫との契約解除を発表したことに伴い、番組からの降板が決定した。[14]

7月28日(27日深夜)の#222冒頭にて、宮迫の後任として雨上がり決死隊の相方である蛍原徹がお父ちゃんを演じることが発表された[15][16]


出演者編集

松本家編集

  • お母ちゃん - 松本人志ダウンタウン
    • 松本家のメイン。尼崎市出身。数十年ぶりに帰ってきた関西のすべてが新鮮で、さまざまなことに興味を持ち、感動している。食べることが大好きで、旺盛な食欲を見せている。絶叫系のアトラクションが苦手で、子供向けのアトラクションでも大絶叫する。
    • 松本は初回以来カツラで女装していたが、近年は使用せず、自毛のまま出演している。ただし、女性ものの衣服やつっかけ、イヤリング口紅は欠かさない
  • お父ちゃん(二代目) - 蛍原徹雨上がり決死隊
    • 2019年7月28日放送分から宮迫の後任として登場[16]。衣装と眼鏡とカツラは初代のお父ちゃんとほぼ同じ。宮迫と入れ替わっていることをけんじから突っ込まれるが、お母ちゃんの松本と共に入れ替わりを否定するボケをかまし続けた。あだ名が「ホトちゃん」である事から「お父ちゃん」ならぬ「ホトうちゃん」と呼ばれている。
  • 兄 - たむらけんじ
    • 松本家の長男で、通称「けんじ」。学生帽を被っていることから、おそらく中学生。出かける場所を決める、マップを作るなど、企画はけんじが考えている。電気ショックのおもちゃが苦手で、ことあるごとにお母ちゃんとお父ちゃんから電気ショックを受けさせられる。電気ショックのみならず、ことあるごとにお母ちゃんとお父ちゃんから無茶振りを強いられるなど、ひどい仕打ちに遭うことも少なくない。
  • 妹 - さだ構成作家
    • 松本家の末っ子で、通称「さだ子」。年齢は8歳だがハイボールを愛好。「さだ子、8歳!」と言うギャグがあるが、大抵はスベる。外出先では写真担当で、使い捨てカメラでさまざまな写真を撮る。電気ショックに強く、けんじに化け物扱いされている。なぜかプライベートでは、お母ちゃんと生活のほとんどを共にする。

過去の出演者編集

  • お父ちゃん(初代) - 宮迫博之
    • 松本家の婿養子。茨木市出身。年中、フィッシングベストを愛用している。グルメ企画で「胃袋は宇宙」など、ことあるごとに大口を叩くが、実際は口だけでお母ちゃんを失望させている。高所と絶叫系のアトラクションが苦手で、ことあるごとに駄々をこねている。ロケで気に入った所があると、後日プライベートで行くことがある。
    • 2019年7月7日放送分冒頭の松本家のリビングのシーンにて、実は雨上がり決死隊の宮迫博之である事がお母ちゃんより明かされる。前述の謹慎処分の他、頭髪はカツラ、眼鏡が伊達眼鏡である事も暴露された。
    • 2019年7月19日に制作元である朝日放送テレビから、吉本興業とのタレント契約解除発表に伴い番組降板が正式発表された。[14]

ロケ、スタジオのゲスト出演者編集

放送リスト編集

スタッフ編集

  • 演出:並木慶(BACK-UP)
  • ディレクター:下山航平(朝日放送テレビ)、久世恵太(よしもとブロードエンタテインメント)、植村文雄(吉本興業)
  • 構成:さだ里村仁志、山下貴
  • CAM:細川貴史、寺岡憲一(以上よしもとブロードエンタテインメント)
  • MIX:梶巻久仁彦(よしもとブロードエンタテインメント)
  • タイトル・CG:仲里カズヒロ
  • EED:渡辺裕也、和久田智世
  • 音響効果:黒澤秀一
  • 美術:佐々文章(朝日放送テレビ)
  • 美術進行:伊藤祐太
  • 衣装:平山健志
  • 装身具:地村尚子
  • 車両:立山征夫、中尾正伸、大森好行(フォレスト)
  • メイク:堀洋子
  • スタイリスト:大西千晴
  • 技術協力:よしもとブロードエンタテインメント、チョコフィルム、Studio Nest
  • 美術協力:クラフト、東京衣裳、京阪商会、ビーム、LEONKA(LE→以前は衣装協力)
  • 犬:紀州佳孝荘
  • 編成:石橋義史(朝日放送テレビ)
  • 番組宣伝:井上勤(朝日放送テレビ)
  • デスク:高岡めぐみ(朝日放送テレビ)
  • AD:宇都宮伊織、藤本能範(以上朝日放送テレビ、宇都宮→一時は離脱、藤本→#214 - )、孫貴志(一歩本舗)、吉野加椰、山本葵
  • プロデューサー:奥田智、桒山哲治(朝日放送テレビ、奥田・桒山→2人共#214 - )、中澤晋弥(吉本興業)、松生藍(BACK-UP)
  • 協力:バックアップメディア
  • 制作協力:吉本興業
  • 制作著作:朝日放送テレビ

過去のスタッフ編集

  • ディレクター:大野祐司、南雄大(以上朝日放送テレビ)、谷村洋平(ロボッツ)、吉田昌平(以上よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
  • 構成:長谷川朝二
  • 美術:奥井優佑(朝日放送テレビ)
  • 装身具:中畑光貴
  • 車両:立山征夫、中尾正伸、大森好行(フォレスト)
  • 技術協力:Devotion、ロボッツ
  • 美術協力:フォレスト
  • 編成:佐々木真司、石田誠(以上朝日放送テレビ)
  • 番組宣伝:阪本美鈴、川井真紀、渡邊亜希子、土肥繁葉樹(以上朝日放送テレビ)
  • デスク:楠本芳子、田村圭、服部八壽子(以上朝日放送テレビ)
  • AD:丸谷亜由美(Devotion)
  • プロデューサー:辻史彦、田中和也(以上朝日放送テレビ、辻→#1 - 213まで)、田中裕樹、中村聡太、大谷重雄、金丸貴史(以上よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、今瀧陽介

ネット局と放送時間編集

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 放送開始日 ネット状況 備考
近畿広域圏 朝日放送テレビ[1] テレビ朝日系列 日曜日(土曜日深夜)0:10 - 0:40 2014年10月10日(10月9日深夜) 制作局 [18]
福岡県 九州朝日放送 木曜日(水曜日深夜)1:20 - 1:50 2014年10月29日(10月28日深夜) 遅れネット [19]
中京広域圏 メ〜テレ 月曜日(日曜日深夜)0:40 - 1:10 2015年6月30日(6月29日深夜) [20][21]
宮城県 東日本放送 日曜日(土曜日深夜)1:05 - 1:35 2015年6月21日(6月20日深夜)
青森県 青森朝日放送 土曜日(金曜日深夜)0:45 - 1:15 2015年1月10日(1月9日深夜)
静岡県 静岡朝日テレビ 金曜日(木曜日深夜)1:55 - 2:25 2015年4月3日(4月2日深夜)
長崎県 長崎文化放送 日曜日(土曜日深夜)0:45 - 1:20 2015年1月11日(1月10日深夜)
大分県 大分朝日放送
鹿児島県 鹿児島放送 日曜日(土曜日深夜)1:45 - 2:25 2015年1月18日(1月17日深夜)
山口県 山口朝日放送 木曜日(水曜日深夜)0:45 - 1:15 2015年1月8日(1月7日深夜)
愛媛県 愛媛朝日テレビ 日曜日(土曜日深夜)2:15 - 2:45 2015年1月11日(1月10日深夜)
熊本県 熊本朝日放送 日曜日(土曜日深夜)2:25 - 3:00 2014年11月23日(11月22日深夜)
沖縄県 琉球朝日放送 日曜日(土曜日深夜)1:00 - 1:30 2015年2月16日(2月15日深夜) [22][23]
山形県 山形テレビ 火曜日(月曜日深夜)0:50 - 1:20 2015年4月6日(4月5日深夜) [24]
岩手県 岩手朝日テレビ 水曜日(火曜日深夜)0:50 - 1:20 2015年5月20日(5月19日深夜)
石川県 北陸朝日放送 金曜日(木曜日深夜)1:25 - 1:55 2015年7月7日(7月6日深夜)
新潟県 新潟テレビ21 水曜日(火曜日深夜)0:50 - 1:25 2015年7月9日(7月8日深夜) [25]
広島県 広島ホームテレビ 日曜日(土曜日深夜)0:30 - 1:00 2015年12月8日(12月7日深夜) [26]
香川県・岡山県 瀬戸内海放送 月曜日(日曜日深夜)1:15 - 1:45 2016年4月11日(4月10日深夜) [27]
北海道 北海道テレビ 金曜日(木曜日深夜)1:28 - 1:58 2016年10月14日(10月13日深夜) [28]
秋田県 秋田朝日放送 月曜日(日曜日深夜)0:59 - 1:30 2017年4月24日(4月23日深夜)
長野県 長野朝日放送 水曜日(火曜日深夜)1:20 - 1:50 201?年?月?日(?月?日深夜)
福島県 福島放送 水曜日(火曜日深夜)0:50 - 1:20 201?年?月?日(?月?日深夜)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ フジテレビ系列 土曜日(金曜日深夜)1:55 - 2:25 2017年4月7日(4月6日深夜) [29]
富山県 富山テレビ 土曜日(金曜日深夜)1:00 - 1:30 2017年10月7日(10月6日深夜)

※上記の中には、宮迫の不祥事発覚後、2019年9月現在も一時打ち切って別番組を編成している局もある。

DVD編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 2018年3月25日(2017年度最終放送日)までは、認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、朝日放送。
  2. ^ 番組冒頭から目的地で始まる事もある。
  3. ^ お父ちゃんの「ほな行こか!」の合い言葉でストップモーションがかかる中、さだ子だけが視聴者に行き先を伝える。
  4. ^ スタジオ収録企画のみの週もある。
  5. ^ 2018年8月12日放送分では、たむら曰く「辻のおっちゃん(辻史彦番組プロデューサー)」から、お試しという形で打ち出の小槌が支給され、スイッチを入れて小槌を振ると電気ショックが流れ、同時に白・青・赤の棒(白と青の棒が2本、赤がの棒が1本の計5本)のいずれか一本出て来て、白は1000円、青は3000円、赤は5000円が番組から追加で支給される(追加のお金を貰うための代償として電気ショックを受ける。スタジオでは、それを知らずに試し振りした松本が電気ショックを受けてテンションが下がり、大笑いするスタッフに向かって「お前ら、打ち出の小槌に謝れ!」と憤慨した)。翌週の8月19日放送分では、電気ショックが出っ放しになって壊れた打ち出の小槌の代わりに1万円しか出ないおみくじが出され、1回やる代わりに番組最強とされるスタンガンタイプの電気ショックのおもちゃを2個繋げた電気ショックを受ける。
  6. ^ オープニング『夢先案内人』、ロケ等の場面転換時ほか『乙女座宮』、施設や店舗の紹介時など『1 2/3』、『パールカラーにゆれて』他。エンディング『プレイバックpart2』 最後のサビの部分「♪(あたしやっぱり あたしやっぱり 帰るわね)あなたの元へ プレイバック!」。週によっては( )内も入る。ただし、#25では、『さよならの向う側』が使われた。時には、山口の若手時代に歌われた他歌手のカバー曲や、ファン以外には知られざる " B面曲" が流れることもあり、百恵マニアが括目すべき場面にも遭遇できる。
  7. ^ “ABC『松本家の休日』、10月から土曜深夜にお引っ越し”. ORICON STYLE. (2016年9月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2079222/full/ 2016年9月30日閲覧。 
  8. ^ “「串カツだるま」社長ら6人書類送検 留学生17人を違法就労させた疑い 大阪府警”. 産経新聞. (2017年3月14日). https://www.sankei.com/west/news/170314/wst1703140073-n1.html 2018年9月17日閲覧。 
  9. ^ 吉本興業、宮迫博之らを謹慎処分 発表直前には「混乱」も”. ジェイ・キャスト (2019年6月24日). 2019年7月7日閲覧。
  10. ^ 「松本家の休日」は放送続行 宮迫が松本人志の夫「おとうちゃん」役”. デイリースポーツ (2019年6月28日). 2019年7月7日閲覧。
  11. ^ 松本人志「今、宮迫家の休日やねん」”. スポニチアネックス (2019年7月7日). 2019年7月7日閲覧。
  12. ^ 宮迫「松本家の休日」出演見合わせ ABC社長説明”. 日刊スポーツ (2019年7月17日). 2019年7月19日閲覧。
  13. ^ ABC幹部 謹慎中の宮迫について言及 「松本家の休日」に出演「流れ上、どうなるかはお楽しみに、です」”. スポーツニッポン (2019年7月17日). 2019年7月19日閲覧。
  14. ^ a b 宮迫博之 吉本から契約解消受け降板続々決定「炎の体育会TV」「松本家」など”. デイリースポーツ. 2019年7月28日閲覧。
  15. ^ 宮迫降板の「松本家の休日」お父ちゃん役に蛍原徹”. 読売新聞. 2019年7月28日閲覧。
  16. ^ a b 初収録の時点では宮迫の謹慎期間中の一時的な代役扱いであったが、収録後、宮迫が謹慎処分の原因となった詐欺グループとは別の金塊強奪犯グループとの交際が報道され、吉本興業からタレント契約を解除されたことに伴い、番組降板が決定した経緯がある。
  17. ^ 追悼特別番組 市原悦子さんを偲んで 第一夜 家政婦は見た!24」および特設の「ANNニュース」が放映のため25分遅れ。
  18. ^ 放送開始日から2016年10月10日(9日深夜)までは金曜日(木曜日深夜)1:39 - 2:14、2016年10月9日(10月8日深夜)から12月25日(12月24日深夜)までは日曜日(土曜日深夜)0:45 - 1:15。2017年1月8日(1月7日深夜)から4月16日(4月15日深夜)までは日曜日(土曜日深夜)0:35 - 1:05。同年4月23日からは現在の時間で放送となり、同月22日からは23:59 - 翌0:05に事前ミニ枠『このあと松本家の休日』も別途放送開始したが、終了済み。放送開始日から2018年3月25日(2017年度最終放送日)までは認定放送持株会社移行に伴う商号変更および分社化前のため、朝日放送。
  19. ^ 放送開始日から2015年4月8日(4月7日)深夜までは水曜日(火曜日深夜)1:20 - 1:50。2015年4月16日(4月15日深夜)から現在の時間で放送。2018年11月現在、4週遅れ。
  20. ^ 初回放送は#3。#1と#2は、2014年12月29日(12月28日深夜)に放送。
  21. ^ 放送開始日から2015年10月6日(10月5日深夜)までは火曜日(月曜日深夜)0:20 - 0:50、2015年10月11日(10日深夜)から2016年3月27日(3月26日深夜)までは日曜日(土曜日深夜)1:57 - 2:28。一旦放送を休止後、 2016年9月13日(9月12日深夜)から10月11日(10日深夜)まで火曜日(月曜日深夜)0:20 - 0:50に放送していたが、その後は不定期放送となっていた。2017年4月24日よりレギュラー放送を再開(再開初回は1:05 - 1:35)。
  22. ^ 初回放送は#4から。#1#2#3の絶品シューマイ編は、未放送。
  23. ^ 2017年8月より月曜日(日曜日深夜)1:00-1:30から日曜日(土曜日深夜)1:00-1:30に枠移動。
  24. ^ 放送開始日から2016年9月26日(9月25日深夜)までは月曜日(日曜日深夜)1:28 - 1:58。2016年10月4日(10月3日深夜)から現在の時間で放送。
  25. ^ 放送開始日から2015年9月24日(9月23日深夜)までは木曜日(水曜日深夜)0:20 - 0:50、2015年10月1日(9月30日深夜)から2016年9月29日(9月28日深夜)までは木曜日(水曜日深夜)0:15 - 0:50、2016年10月4日(10月3日深夜)から2017年3月28日(3月27日深夜)までは火曜日(月曜日深夜)0:20 - 0:50、2017年4月8日(4月7日深夜)から2018年3月31日(3月30日深夜)までは土曜日(金曜日深夜)0:20 - 0:50。2018年4月4日(4月3日深夜)より、水曜日(火曜日深夜)1:25 - 1:55に放送。2018年10月10日(10月9日深夜)の放送をもって打ち切りとなったが、2019年4月16日(4月15日深夜)から放送が再開され、2019年9月24日(9月23日深夜)まで火曜日(月曜日深夜)0:55 - 1:30に放送。2019年10月2日(10月1日放送)より、現在の時間で放送。
  26. ^ 宮迫の不祥事に伴い一時打ち切り、その間は『もう少し、嫌な奴』(朝日放送テレビ)を放送していたが、2019年10月6日(5日深夜)よりで放送再開。再開後は蛍原加入時の回から放送のため遅れ幅が縮まった。
  27. ^ 2016年10月10日(10月9日深夜)から2017年7月17日(7月16日深夜)まで、アニメ『タイガーマスクW』放送により休止していた。2017年8月14日(8月13日深夜)より放送を再開した。
  28. ^ 2016年7月25日0:35 - 1:05に#73が単発放送された。
  29. ^ 初回放送は#104から。

関連項目編集

ごぶごぶ毎日放送
松本の相方・浜田雅功が出演しているロケ番組。第2回の水上バス回で松本が「向こうから来るやつ(水上バス)、ごぶごぶのロケやったらオモロイのに」と弄ったことがあった。それに対して複数回出演経験があるたむらが「収録日が違う」と返している(『ごぶごぶ』は基本的に月曜日に収録。『松本家の休日』は主に土曜日など週末に収録)。
『ごぶごぶ』でも、2015年8月18日放送分で浜田や田村淳ロンドンブーツ1号2号)らが『ごぶごぶ祭り』の宣伝で朝日放送(当時)本社に乗り込み、浜田が『松本家の休日』の番宣ポスター(公式サイトで公開されている4人の写真)に掲載されている松本の顔の上から、『ごぶごぶ祭り』の宣伝ポスターを貼り付けた。淳も「こんなことは、浜田さんにしかできません」と苦笑していた(収録は同年8月10日)。
ケンゴロー(毎日放送)
上記の『ごぶごぶ』に代わる番組で、2016年4月5日に開始した浜田のロケ番組。当初のタイトルは『ケンゴローサーカス団』でスタジオ収録だったが、後に『ごぶごぶ』同様のロケ番組に路線転換した。2017年3月28日をもって終了し、4月11日より『ごぶごぶ』のレギュラー放送を再開した。

外部リンク編集


朝日放送 金曜(木曜深夜)1:39 - 2:14枠
前番組 番組名 次番組
THAT'S ENKA TAINMENT
〜ちょっと唄っていいかしら?〜

【木曜(水曜深夜)の同時間帯へ移動】
松本家の休日
夜の巷を徘徊する
【月曜(日曜深夜)から移動】
朝日放送 日曜(土曜深夜)0:45 - 1:15枠
松本家の休日
松本家の休日
※0:35 - 1:05
【10分繰り上げて継続】
豆腐プロレス
テレビ朝日制作、1:05 - 1:30
朝日放送 日曜(土曜深夜)0:35 - 1:05枠
TOKYO応援宣言
※テレビ朝日制作、0:15 - 0:45
【6:30 - 7:00に繰り下げて継続】
松本家の休日
※0:45 - 1:15
【10分繰り上げて継続】
松本家の休日
豆腐プロレス
※テレビ朝日制作、0:35 - 1:00
【30分繰り上げて継続】
虎バン
※1:00 - 1:30
【30分繰り上げて継続】
朝日放送 土曜23:59 - 翌0:05枠
SmaSTATION!!
※テレビ朝日制作、23:15 - 翌0:09
【10分繰り上げて継続】
このあと松本家の休日
エビ推シ〜
朝日放送→朝日放送テレビ 日曜(土曜深夜)0:05 - 0:35枠
SmaSTATION!!
※テレビ朝日制作、前日23:15 - 0:09
【10分繰り上げて継続】
エビ推シ〜
※0:09 - 0:15
ANN NEWS&SPORTS(第2期)
※テレビ朝日制作、0:15 - 0:35
松本家の休日
-