メインメニューを開く
松本忠雄

松本 忠雄(まつもと ただお、1887年明治20年)7月2日[1] - 1947年7月4日[2])は、日本の衆議院議員憲政会立憲民政党)、ジャーナリスト

目次

経歴編集

長野県上水内郡瀬戸川村(現在の小川村)に、松本八重作の長男として生まれる。1909年(明治42年)、東亜同文書院を卒業[1]。卒業後はやまと新聞の記者となるが、加藤高明憲政会総裁に見出され、その秘書となった[1]

1924年大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、7回連続当選を果たした。加藤高明内閣では内閣総理大臣秘書官を務め、第1次若槻内閣では東京市助役を務めた[1]。さらに齋藤内閣岡田内閣外務参与官を務め、第1次近衛内閣では外務政務次官を務めた。太平洋戦争中の1944年ニッポンタイムズ会長に就任し、戦後の1946年まで在職した[3]。1947年、公職追放[3]

外務参与官・外務政務次官在任中に重要文書を筆写しており、現在、外務省外交史料館に「松本記録」として所蔵されている。

親族編集

著書編集

  • 『日支新交渉に依る帝国の利権』(清水書店、1915年)
  • 『近世日本外交史研究』(博報堂出版部、1942年)

脚注編集

  1. ^ a b c d 『新興日本名士録』
  2. ^ 『新訂政治家人名事典』
  3. ^ a b 「占領下の英語経験とNippon Times」
  4. ^ 人事興信録 1943.

参考文献編集