松本悠里

日本の女優

松本 悠里(まつもと ゆり、9月19日[1] - )は、元宝塚歌劇団専科の女役[2][3][4][5]。元劇団特別顧問[2][6][3][4][5]

まつもと ゆり
松本 悠里
生年月日 9月19日
出生地 神奈川県鎌倉市
身長 159cm
職業 舞台俳優・日本舞踊家
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 1957年 - 2021年
活動内容 1957年:宝塚歌劇団入団
1958年:雪組配属
1974年:舞踊専科へ異動
1989年:劇団理事に就任
2002年:音楽学校理事に就任
2014年:宝塚歌劇の殿堂入り
2019年:劇団特別顧問に就任
2021年:宝塚歌劇団退団
主な作品
宝塚歌劇
夜明けの序曲
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

神奈川県鎌倉市[7]松蔭女子学院出身[7]。身長159cm[1]。愛称は「ミエコ」[1]

来歴編集

1956年、宝塚音楽学校入学。

1957年、宝塚歌劇団に44期生として入団[7][2][3][4][8]。入団時の成績は23番[9][5]雪組公演「春の踊り」で初舞台[9][7][2][5][8]

1958年、雪組に配属[9][7][2][3][5][8]。雪組時代は芝居・ショーともに出演したが、1974年に舞踊専科へ異動後は、日舞一筋となる[7][10][4][5][8]

1979年、鳳蘭退団公演となる星組白夜わが愛」出演時には、自身久々となる台詞のある芝居物に挑戦[7]。以降も何作か芝居に出演し、1982年、松あきら退団公演となる花組夜明けの序曲」で演じたモルガンお雪は自身最大の当たり役となり、1999年の再演でも同役を演じた[7][4]

1989年、戦後に入団した生徒としては初となる劇団理事に就任[10][11][2][3][4][5][8]

2014年には宝塚歌劇創立100周年を記念して創設された「宝塚歌劇の殿堂」で、劇団の発展に貢献した100人の内の1人に、現役生徒として唯一選出される[10][2][3][4][5][8]

2019年6月1日付で、30年間務めた理事を退任し、劇団特別顧問に就任[6][2][3][5][8]

その後も和物レビューには欠かせない存在として各組に特別出演を続けてきたが[10]、2021年1月3日、月組「WELCOME TO TAKARAZUKA/ピガール狂騒曲」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[2][3][4][5][8]。入団64年目、現役生としては最も長いキャリアを誇る生徒の卒業となった[4]

人物編集

長年に渡り、日本舞踊の名手として円熟した技芸で活躍し、海外公演への出演は9回と、最多記録を持つ[2][3][4][5]。中でも、1989年のニューヨーク公演で演じた「雪しまき」の場面は絶賛を浴びた[2][3][5]

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

初舞台編集

雪組時代編集

  • 1962年1月、『火の島』『絢爛たる休日』 - オーソン夫人(宝塚大劇場)
  • 1963年6月、『夏』『青春のバカンス』(宝塚大劇場)
  • 1964年6 - 8月、花組『洛陽に花散れど』『天使が見ている』(宝塚大劇場)
  • 1965年1 - 2月、『楊妃と梅妃』『港に浮いた青いトランク』(宝塚大劇場)
  • 1965年8月、特別『花の巴里-宝塚』(宝塚大劇場) - 芸者
  • 1965年9 - 10月、パリ公演『宝塚おどり絵巻』『世界への招待』(アルハンブラ劇場)[12][2][3][4][5][8]
  • 1966年3月、『藍と白と紅』『あゝそは彼の人か』(宝塚大劇場)
  • 1966年4 - 5月、『南蛮屏風』『春風とバイオリン』(宝塚大劇場)
  • 1966年10月、『紫式部』 - 中宮・彰子ラブ・ラブ・ラブ』(宝塚大劇場)
  • 1967年3月、『忘れじの歌』『タカラジェンヌに乾杯!』(宝塚大劇場)
  • 1967年4 - 5月、『おてもやん』『世界はひとつ』(宝塚大劇場)
  • 1967年7月、『紫式部』 - 中宮・彰子『ラブ・ラブ・ラブ』(東京宝塚劇場
  • 1967年9 - 11月、『花のオランダ坂』『シャンゴ
  • 1968年3月、『藤花の宴』『シャンゴ』(宝塚大劇場)
  • 1968年3 - 4月、『火の島』『ラブ・ラブ・ラブ』(全国ツアー)
  • 1968年6 - 7月、『トリスタンとイゾルデ』 - アイルランド王妃『愛と夢とパーティ』(宝塚大劇場)
  • 1968年9月、『トリスタンとイゾルデ』 - アイルランド王妃『シャンゴ』(東京宝塚劇場)
  • 1968年12月、『一寸法師』『タカラヅカ'68』(宝塚大劇場のみ)
  • 1969年2 - 4月、『祭』『ハムレット
  • 1969年5 - 7月、『回転木馬』(宝塚大劇場)
  • 1969年10月、『能登の恋歌』『ラブ・パレード』(宝塚大劇場)
  • 1970年1月、『いろはにほへと』『ラブ・パレード』(新宿コマ劇場
  • 1970年3 - 4月、『タカラヅカEXPO'70』(宝塚大劇場)
  • 1970年8月、『四季の踊り絵巻』『ハロー!タカラヅカ』(東京宝塚劇場)
  • 1970年10月、『雪女』『パレアナの微笑み』 - 新人公演:家政婦ナンシー(本役:三鷹恵子)(宝塚大劇場)
  • 1970年11月、『春ふたたび』『ハロー!タカラヅカ』(全国ツアー)
  • 1971年1 - 3月、『紅梅白梅』『シンガーズ・シンガー
  • 1971年4 - 5月、『ペーター一世の青春』『ジョイ!』(宝塚大劇場)
  • 1971年8月、『ペーターの青春』『ノバ・ボサ・ノバ』(東京宝塚劇場)
  • 1972年3 - 4月、『かぐら』『ザ・フラワー』(宝塚大劇場)
  • 1972年6月、『星のふる街』『ジューン・ブライド』(宝塚大劇場)
  • 1972年8月、雪組星組『かぐら』『ザ・フラワー』(東京宝塚劇場)
  • 1972年10月、『落葉のしらべ』『ノバ・ボサ・ノバ』(宝塚大劇場)
  • 1973年1 - 3月、花組『宝塚名曲選』『パレード・タカラヅカ
  • 1973年6 - 7月、『竹』『カンテ・グランデ』(宝塚大劇場)
  • 1973年11 - 12月、『たけくらべ』『ラブ・ラバー』(宝塚大劇場)
  • 1974年1月、『竹』『ラブ・ラバー』(新宿コマ劇場)
  • 1974年2 - 3月、『花聟くらべ』『ロマン・ロマンチック』(宝塚大劇場)

専科時代編集

出演イベント編集

  • 1990年11月、『松本悠里能楽撰』 主演[11]
  • 1996年5月、'96TCAスペシャル『メロディーズ・アンド・メモリーズ』
  • 1999年10月、第二回『松本悠里リサイタル』 主演
  • 2000年9月、TCAスペシャル2000『KING OF REVUE』
  • 2008年12月、『タカラヅカスペシャル2008〜La Festa!〜』

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、7頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q “宝塚 専科の松本悠里が来年1月で退団…海外公演最多9回、昨年まで30年間理事”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2020年9月7日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/09/07/0013673067.shtml 2020年9月7日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 特別顧問で専科の松本悠里が来年1月3日に宝塚退団 日刊スポーツ。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 宝塚歌劇の現役レジェンド・松本悠里が来年1月3日付で退団「すばらしい思い出を胸に卒業」 スポーツ報知。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 宝塚歌劇団 専科の松本悠里が来年1月退団 30年間理事務め発展に貢献 Sponichi Annex。
  6. ^ a b 宝塚歌劇団 新理事に英真なおきが就任” (日本語). デイリースポーツ online. 2019年6月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 舞台人生変えたモルガンお雪/専科 松本悠里(2):タカラジェンヌ夢の軌跡 ENAK。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 宝塚歌劇専科の松本悠里、2021年1月に月組公演で退団 ステージナタリー。
  9. ^ a b c d 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、56-57頁。ISBN 9784484146010
  10. ^ a b c d e 宝塚のレジェンド松本悠里の華やかな舞いに驚き 日刊スポーツ。
  11. ^ a b c d e f 春日野八千代とのコンビに感激/専科 松本悠里(4):タカラジェンヌ夢の軌跡 ENAK。
  12. ^ a b c d e f g h 世界中の観客を魅了する舞い姿/専科 松本悠里(3):タカラジェンヌ夢の軌跡 ENAK。

外部リンク編集