メインメニューを開く

松本 雄吉(まつもと ゆうきち、1946年10月10日 - 2016年6月18日[1])は、日本の演出家劇団維新派主宰。

目次

略歴編集

1946年、熊本県生まれ。大阪教育大学で美術を専攻[2]

1970年、維新派を結成。 以降、関西地域を中心に野外をステージにして演劇を行う。

1999年、『水街』で大阪府舞台芸術賞受賞。2002年『カンカラ』で朝日舞台芸術賞受賞。

2000年に海外初公演をオーストラリアアデレードフェスティバルで上演し、以後、ヨーロッパ南米でのツアーに加え、オセアニアツアー、シンガポールなど海外から多数の招聘に応じた。

2011年に紫綬褒章、2013年に大阪市市民表彰、2014年に大阪市文化祭賞優秀賞、2015年に大阪文化賞を受賞した[3]

2016年6月18日3時25分、食道癌のため大阪市内の病院で死去。69歳没[1]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集