メインメニューを開く

松村 博司(まつむら ひろじ、1909年11月5日 - 1990年10月30日)は、日本の国文学者。

略歴編集

静岡県出身。1933年東京帝国大学文学部国文科卒。1957年「栄花物語の研究」で東京大学文学博士山形高等学校教授、第八高等学校教授、名古屋大学文学部助教授を経て、1959年教授、1973年定年退官、名誉教授、南山大学教授を務めた。1958年「栄花物語の研究」で日本学士院賞受賞[1]

著書編集

  • 大鏡の新しい解釈』 (国文法注釈新書)至文堂 1955
  • 紫式部日記』 (アテネ文庫 古典解説シリーズ) 弘文堂 1955
  • 服部菅雄伝の研究』温知書屋 1956
  • 『栄花物語の研究』刀江書院 1956
  • 『栄花物語の研究 続篇』刀江書院 1960
  • 『歴史物語 栄花物語と四鏡』塙選書 塙書房 1961
  • 『栄花物語の研究 第3』桜楓社 1967
  • 『栄花物語全注釈』全8巻 (日本古典評釈・全注釈叢書) 角川書店 1969-1981
  • 『歴史物語 栄花物語・四鏡とその流れ 改訂版』塙選書 塙書房 1979
  • 『歴史物語研究余滴』和泉書院 1982
  • 『栄花物語全注釈 別巻』(日本古典評釈・全注釈叢書)角川書店 1982
  • 『栄花物語・大鏡の成立』 (国語国文学研究叢書) 桜楓社 1984
  • 『栄花物語の研究 新稿・諸本研究篇』右文書院 1986
  • 『服部菅雄伝の研究 続編 増訂』右文書院 1987
  • 『栄花物語の研究 補説篇』風間書房 1989
  • 『栄花物語の研究 補説篇 続』風間書房 1990

校注など編集

記念論文集編集

  • 『国語国文学論集 松村博司教授定年退官記念』名古屋大学国語国文学会 1973
  • 『国語国文学論集 松村博司先生古稀記念』松村博司先生古稀記念実行委員会編 笠間書院 1979
  • 『国語国文学論集 松村博司先生喜寿記念』右文書院 1986

脚注編集