メインメニューを開く

松村 禎三(まつむら ていぞう、1929年1月15日 - 2007年8月6日)は、日本作曲家俳人東京芸術大学名誉教授。

松村 禎三
生誕 (1929-01-15) 1929年1月15日
出身地 日本の旗 日本京都市
死没 (2007-08-06) 2007年8月6日(78歳没)
学歴 旧制第三高等学校理科
ジャンル 現代音楽映画音楽
職業 作曲家俳人

来歴編集

京都市(京都下京区仏光寺通室町西入ル)で生まれる。両親は京都の町人の出身であり、父は代々呉服屋の家系であった。父は尺八を、母は箏を嗜んでいた。禎三は、幼い頃から音楽に興味を示し、小学生で簡単な作曲ははじめていた。京都時代は和声を長廣敏雄、高橋恒治にピアノを師事。10歳の頃には父をガンで失い、1949年には母を結核で失う。1945年に旧制第三高等学校理科に入学。寮生活を通じて、音楽だけでなく様々な出会いと経験を積む。1949年旧制第三高等学校理科卒。母を失ったことをきっかけとして、作曲家への道を目指して清瀬保二を頼って上京する[1]。清瀬の紹介で、東京芸術大学教授の池内友次郎に師事。また、清瀬の家に出入りしていた武満徹とも親交を結ぶ。。1950年、芸大受験をするが結核のため受験を失敗、5年間の闘病生活に入る。療養中の1950年代初頭より、俳句も創作するようになる。退院した1955年に《序奏と協奏的アレグロ》が第24回NHK毎日音楽コンクール管弦楽部門で1位に入賞、デビュー作となった。そのコンクールの審査員であった伊福部昭に作品を評価されたこをときっかけに伊福部門下となる。その後《阿知女》《クリプトガム》《ピアノと弦楽四重奏のための音楽》《交響曲第1番》(「日フィルシリーズ」第14作目)などを続けて発表。1970年より東京芸術大学音楽学部作曲科にて教鞭を執る(1975年助教授、1978年教授)。現代音楽のみならず映画、舞台の分野でも活躍し、毎日映画コンクール音楽賞、イタリア放送協会賞、1989年〜1992年にかけて連続で日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。サントリー音楽財団委嘱による遠藤周作の小説に基づくオペラ《沈黙》の作者としても知られ、その成果により京都音楽賞大賞、毎日芸術賞、モービル音楽賞、都民文化栄誉賞など数々の賞を受賞している。

ラヴェルストラヴィンスキー、それからアジアの伝統音楽の影響を受けた力強い作風が彼の作品の特徴である。

2000年勲四等旭日小綬章受章。

2007年8月6日午後2時50分、肺炎のため東京都港区の病院で死去した。78歳。墓所は、東京都稲城市坂浜の新ゆり天望の丘墓苑にある。

主な作品編集

歌劇編集

交響曲編集

管弦楽曲編集

協奏曲編集

室内楽曲編集

  • 弦楽四重奏による交響的断章(1950年)
  • 隠花植物(1958年)
  • 弦楽四重奏とピアノのための音楽(1962年)
  • アプサラスの庭(1971年)
  • 篠笛と琵琶のための詩曲(1979年)
  • アルトサクソフォーンと琵琶のための詩曲(1980年)
  • ピアノ三重奏曲(1987年)
  • 弦楽四重奏曲(1996年)

ピアノ曲編集

  • ギリシャによせる2つの子守唄(1969年)

声楽曲編集

  • 阿知女〈アチメ〉(1957年)
  • 祖霊祈祷(1969年)
  • 交響詩「やまなし」(1974年)
  • 暁の賛歌(1978年)
  • 牧歌(1983年)

映画音楽編集

熊井啓監督作品編集

黒木和雄監督作品編集

その他編集

著書編集

  • 旱夫抄(フィデリオショウ)松村禎三句集
  • 松村禎三 作曲家の言葉 - アプサラス編

※他に1990年代前半まで、教育出版音楽教科書の著作にも携わっていた。

脚注編集

  1. ^ アプサラス編『松村禎三作曲家の言葉』春秋社、2012年、p159。

門下編集

肥後一郎(1940-2019)

北爪道夫(1948-)

池上敏(1949-)

二宮洋(1950-)

多田栄一(1950-)

吉松隆(1953-)

高橋裕(1953-)

鈴木行一(1954-)

小鍛冶邦隆(1955-)

小山薫(1955-2006)

甲田潤(1957-)

山本純ノ介(1958-)

川崎絵都夫(1959-)

山内雅弘(1960-)

若林千春(1961-)

柿沼唯(1961-)

阿部亮太郎(1962-)

佐藤昌弘(1962-)

田頭勉(1962-)

立原勇(1962-)

土田英介(1963-)

塚本一実(1963-)

菊池幸夫(1964-)

佐々木冬彦(1965-)

伊東乾(1965-)

正門憲也(1968-)

名倉明子

外部リンク編集