メインメニューを開く

松村豊司

松村 豊司(まつむら とよじ、1981年6月5日 - )は、滋賀県草津市出身の元プロ野球選手投手、右投右打)・監督コーチ

松村 豊司
レイア 監督 #50
松村豊司20140403.JPG
ウエスト・フローラ監督時代
(2014年4月3日 わかさスタジアム京都にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県草津市
生年月日 (1981-06-05) 1981年6月5日(37歳)
身長
体重
192 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 ドラフト6巡目
初出場 2004年7月28日
最終出場 2006年9月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

目次

来歴編集

プロ入り前編集

滋賀県出身。滋賀県立玉川高校では1年の夏からベンチ入りし、2年の秋からはエースとしてチームを支えた。140km/hを超える速球を投げる本格派右腕だったが、3年の夏の甲子園では、滋賀県予選の1回戦で12個の三振を奪うも延長戦の末に能登川高校に敗れた。

高校卒業後は立命館大学に進み、3年までは登板機会に恵まれなかったが、4年の春からエースとして15試合に登板して6勝を挙げ、防御率2.01の成績を残している。リーグ通算24試合に登板、6勝6敗、防御率2.22を記録。

2003年のドラフトでオリックス・ブルーウェーブに6巡目指名され入団。

プロ入り後編集

2004年7月28日のロッテ戦でプロ初登板。同年末の選手分配ドラフトを経て2005年からはオリックス・バファローズと契約。

2006年4月21日のソフトバンク戦で延長10回表に川崎宗則から勝ち越し打を浴びるも、その裏に北川博敏がサヨナラ打を放ち幸運なプロ初勝利が転がり込んだ。オフにはハワイ・ウィンターリーグへ派遣される。しかし、肩の故障が原因で140km/hも出なくなるほど球速が大幅に低下してしまい、翌2007年オフに戦力外通告を受けた。

引退後編集

引退後は一般企業に就職、2度転職したのちにわかさ生活に入社。

2010年、そのわかさ生活をスポンサーとして発足する日本女子プロ野球機構兵庫スイングスマイリーズのコーチ就任が発表された。2012年は当初兵庫のコーチを卒業し、女子プロ野球のフロントコーチとしてフロントと現場をつなぐ役割に従事するが、同年のシーズン後期には兵庫に復帰し監督に就任。

2013年、日本女子プロ野球機構のチーム再編に伴い新チームのウエスト・フローラの監督に就任し、2014年シーズンまで務めた。

その後は日本女子プロ野球機構の統括ヘッドコーチとして活躍していたが、2018年より育成チームのレイアの監督に就任。

人物編集

  • 190cmの長身と甘いマスクで、非常に女性人気の高い選手であった。
  • 長身から投げ下ろす最速150km/hのストレートが最大の売りで、同じく細身の西口文也を目標としていた。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2004 オリックス 6 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 31 6.2 4 0 7 0 0 3 0 0 5 5 6.75 1.65
2006 8 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 40 8.2 9 1 6 0 1 6 1 0 5 5 5.19 1.73
通算:2年 14 1 0 0 0 1 1 0 0 .500 71 15.1 13 1 13 0 1 9 1 0 10 10 5.87 1.70

記録編集

背番号編集

  • 41 (2004年 - 2007年)
  • 88 (2010年 - 2017年)
  • 50 (2018年 - )

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集