松林宗恵

日本の映画監督

松林 宗惠(まつばやし しゅうえ、1920年大正9年)7月7日[1] - 2009年平成21年)8月15日)は、日本の映画監督。元海軍士官で、僧侶でもある。法名、釈 宗惠(しゃく しゅうえ)。

まつばやし しゅうえ
松林 宗惠
松林 宗惠
大乗刊行会『大乗 : ブディストマガジン』第16号(1965)より
本名 松林 宗惠( しゅうえ)
生年月日 (1920-07-07) 1920年7月7日
没年月日 (2009-08-15) 2009年8月15日(89歳没)
出生地 日本の旗 日本島根県江津市桜江町
職業 映画監督
活動期間 1942年(昭和17年) - 2009年(平成21年)
活動内容 劇映画、テレビ映画等の監督、演出
主な作品
人間魚雷回天
社長シリーズ
連合艦隊
テンプレートを表示

経歴編集

島根県江津市桜江町(元邑智郡桜江町)[1]浄土真宗の寺の五男に生まれる。小学校から井原村満行寺(現・邑智郡邑南町)に移り、中学は広島新庄中学に入学して2年生から広陵中学(現・広陵高校)に転校し、広島市へ出た。1938年に卒業した後には京都へ進み、1941年龍谷大学専門部を卒業[1]日本大学芸術学部に移り[1]、在学中の1942年には映画に仏心を注入したいと考え[要出典]東宝演出助監部に入る[1]

1943年学部を短縮卒業して[要出典]海軍第3期兵科予備学生となり[1]1944年には海軍少尉に任官され、部下150名を連れて南支那廈門島陸戦隊長となる。戦後は復員して東宝への復職を経て、東宝争議に際し渡辺邦男斎藤寅次郎らに従って新東宝に移った[1]

1952年上原謙主演の『東京のえくぼ』で初監督[1]藤本真澄プロデューサーの東宝復帰に伴い、1955年に新東宝を退社して東宝に復帰[1]。以降は、森繁久彌主演の『社長シリーズ』をはじめとする喜劇や『連合艦隊』をはじめとする戦争映画など、多岐にわたる68本の劇映画を監督した[1]

そのほか、テレビドラマ演出なども担当して1980年からはフリーとなり、1990年代以降は主に講演活動などに従事していた。

2004年3月には、故郷である江津市桜江町の「水の国/ミュージアム104"」内に、「松林宗恵映画記念館」が開館した[2][3]

2009年8月15日午前7時10分に心不全で死去。89歳没。同年9月10日には東宝スタジオにて「お別れ会」が行われ、追悼の辞を述べた司葉子ら芸能界関係者や安倍晋三元首相などが出席した[4][5]

2020年には江津市総合市民センターにて展示会「松林宗恵生誕100周年記念展示」が行われた[2]ほか、2022年には川越まちづくり協議会による『川越かるた』の読み札の1枚に挙げられている[6]

人物・作風編集

自らの作家性よりも脚本の意図に忠実に撮影する職人気質で知られるが、仏心を描こうと常に心がけていたという。先輩の黒澤明市川崑のように華々しい映画賞に恵まれる存在ではなかったが、大ヒットシリーズと特撮超大作のどちらも着実にこなし、黒澤や市川が不在だった1960年代後半には岡本喜八と並ぶ東宝のエース監督であった。市川とは特に仲が良く、1979年の『女王蜂』の応援監督としてまったく違和感のないB班をこなしている。

『太平洋の嵐』などに出演した夏木陽介は、松林は従軍経験から自ら敬礼などの指導を行っていたと証言している[7]。また、戦争経験者であることから一本筋が通った人物であったと評しており、戦争を繰り返してはいけないというテーマを最も重視していたと述懐している[7]

世界大戦争』などに出演した女優の星由里子は、松林は冗談を言うなど現場を明るくしようと務めていたと証言しており、楽しい人物であったと述懐している[8]

『世界大戦争』に出演した宝田明は、松林は同作品に格別の思いを持っていることを語っていたと証言しており、宝田も同作品を松林の代表作に挙げている[9]

主な監督作品編集

映画編集

テレビ編集

著書編集

  • 『私と映画・海軍・仏さま』(1985年3月、大蔵出版) ISBN 4804320032
  • 『まことしやかにさりげなく -映画監督 松林宗恵』(2011年1月1日、仏教伝道協会) ISBN 9784892375187

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j 東宝特撮映画全史 1983, p. 540, 「特撮映画スタッフ名鑑」
  2. ^ a b 松林宗恵生誕100周年記念展示を開催しています”. 江津市ホームページ. 江津市 (2020年10月15日). 2022年8月2日閲覧。
  3. ^ ▼松林宗恵映画記念館”. 島根県江津市桜江町観光情報(公式). 江津市観光協会桜江支部. 2022年8月2日閲覧。
  4. ^ 龍谷人偉人伝 松林宗恵”. 龍谷大学. 2022年8月2日閲覧。
  5. ^ “黒澤明監督の盟友、松林宗恵監督のお別れ会に大御所らが出席”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2009年9月11日). https://www.cinematoday.jp/news/N0019556 2022年8月2日閲覧。 
  6. ^ “島根:川越愛 深まるかるた”. 読売新聞オンライン (読売新聞社). (2022年7月1日). https://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20220630-OYTNT50081/ 2022年8月2日閲覧。 
  7. ^ a b ゴジラとともに 2016, p. 88, 構成・文 友井健人「夏木陽介」
  8. ^ 東宝特撮女優大全集 2014, pp. 76–77, 聞き手:手塚昌明/構成:鈴木啓之「星由里子インタビュー」
  9. ^ ゴジラとともに 2016, p. 7, 構成・文 浦山珠夫「宝田明」(『映画秘宝』2010年2月号掲載)

参考文献編集

  • 「監督も演技するのです 松林宗恵氏にきく」(対談文責:増渕健『季刊映画宝庫9 日本映画が好き!!!』芳賀書店、1979年1月)
  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 別冊映画秘宝編集部 編 『<保存版>別冊映画秘宝 東宝特撮女優大全集』洋泉社、2014年9月24日。ISBN 978-4-8003-0495-7 
  • 別冊映画秘宝編集部 編 『ゴジラとともに 東宝特撮VIPインタビュー集』洋泉社〈映画秘宝COLLECTION〉、2016年9月21日。ISBN 978-4-8003-1050-7 

関連項目編集

  • 水の国 - 江津市桜江町に所在するミュージアム。しばしば松林の記念展示・上映会を開催する。
  • 中井貴一 - 松林が俳優にスカウトした。

外部リンク編集