松林 慎司(まつばやし しんじ、1975年11月6日 - )は、日本俳優。本名、村井 慎司(むらい しんじ)。山口県岩国市出身。ラ・セッテ所属。

まつばやし しんじ
松林 慎司
松林 慎司
プチョン国際ファンタスティック映画祭(2018年)
本名 村井 慎司
生年月日 (1975-11-06) 1975年11月6日(48歳)
出生地 日本の旗 日本山口県岩国市
身長 171 cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル 映画舞台テレビドラマ
事務所 ラ・セッテ
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

山口県立岩陽高等学校(現岩国総合高等学校)出身。

概要・略歴 編集

名字の松林は旧姓にあたる。

俳優を目指して東京へ。当時通っていた俳優養成所で脚本家の羽原大介に出会う。

2001年、羽原大介が立ち上げた新宿芸能社(現・昭和芸能舎)に旗揚げから参加。以降、劇団員として活動。

2012年、福井県福井市にて製作された津田寛治監督「カタラズのまちで」出演の際、福井市民になるため住民票を福井に移し出演。

2020年7月、地元である岩国市観光大使に任命[1]される。

2023年6月、長編初主演映画「いっちょらい」公開。

出演 編集

映画 編集

短編映画 編集

  • カタラズのまちで (2012年)
  • ACTOR (2015年)
  • U・F・O 〜Ushimado Fantastic Occurrence〜(2015年)-主演
  • VANISH (2016年) -主演
  • βカロテンはクズを救う。(2017年)-主演
  • いっちょらい (2017年) -主演
  • Elephant song (2018年)
  • つむぐ (2019年)
  • 記憶の息子(2020年)

テレビドラマ 編集

その他 編集

CM 編集

WEB 編集

  • PV「nana's green tea」(2015年)
  • 日世株式会社70周年記念ドラマ「ソフトクリーム探偵」(2017年)
  • 岩国市広報コラム「私の岩国」(2018年)

MV 編集

ラジオCM 編集

オリジナルビデオ 編集

アニメ 編集

  • FLESH&BLOOD(2009年)
  • メカ☆アフロくん(2010年)

舞台 編集

  • すっぽんぽん! (2001年) 新宿芸能社 場所:アイピット目白
  • 狼の月 (2002年) 外連 場所:江戸歴史資料館
  • 歌舞伎町フルモンティ (2002年) 新宿芸能社 場所:アイピッド目白
  • 二丁目行進曲 (2003年) 新宿芸能社 場所:サニーサイドシアター
  • ドカチン (2003年) 新宿芸能社 場所:シアターブラッツ
  • さるの着ぐるみを見に行こう (2004年) にんじんボーン 場所:下北沢駅前劇場
  • チェリーボーイズ (2004年) 新宿芸能社 場所:シアターブラッツ
  • 横丁のデカプリオ (2005年) 新宿芸能社 場所:シアターブラッツ
  • ちんどん (2006年) 新宿芸能社 場所:シアターブラッツ
  • ドカチン〜下北沢死闘編〜 (2007年) 新宿芸能社 場所:シアターブラッツ
  • へそのはなし (2007年) 新宿芸能社 場所:シアターブラッツ
  • 銀座通りのデカプリオ (2008年) 新宿芸能社 場所:シアターブラッツ
  • フラガール (2008年) 作・羽原大介 演出・山田和也 場所:赤坂ACTシアター いわき芸術交流会館 福岡市民センター 梅田芸術劇場 御園座
  • 歌の翼にキミを乗せ (2008年) 新宿芸能社 場所:赤坂レッドシアター
  • 新橋フロリダ(2009年) 新宿芸能社 場所:新宿スペース107
  • 長ぐつのロミオ(2009年) 昭和芸能舎 場所:新宿スペース107
  • 祖国へ(2011年) 昭和芸能舎 場所:新宿スペース107
  • 七人のオカマ(2012年) 昭和芸能舎 場所:笹塚ファクトリー

脚注 編集

  1. ^ 「再訪したくなるPRを」/岩国出身俳優・松林さん市観光大使に”. 山口新聞 電子版. 2020年7月18日閲覧。
  2. ^ “キャスト”. 映画「シン・ゴジラ」公式サイト. http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月28日閲覧。 
  3. ^ 映画「吾輩は猫である!」公式HP”. waga-neko.com. 2024年2月5日閲覧。
  4. ^ “永瀬正敏主演『GOLDFISH』3月31日公開決定 アナーキー 藤沼伸一が映画監督に挑戦”. リアルサウンド映画部 (blueprint). (2023年1月20日). https://realsound.jp/movie/2023/01/post-1238850.html 2023年1月20日閲覧。 
  5. ^ 片山享監督作『いっちょらい』6月17日公開 津田寛治「心に刺さりました」”. Real Sound|リアルサウンド 映画部 (2023年4月14日). 2023年6月19日閲覧。
  6. ^ 伝統芸能継承の難しさを描く「邯鄲の夢 三重芝居と四人の役者」公開、沢竜二も出演(映画ナタリー)”. Yahoo!ニュース. 2023年6月23日閲覧。
  7. ^ 映画『自宅でありがとう。さようなら』作品情報”. 映画.com. エイガ・ドット・コム. 2023年10月29日閲覧。

外部リンク 編集