メインメニューを開く

松永 タセ(まつなが タセ、1884年(明治17年)5月11日 - 1998年(平成10年)11月18日)は、長寿日本一だった東京都江東区女性

新潟県清里村(現在の上越市清里区)生まれ。1962年、夫の省吾が死去し、長女の住む都内に引っ越す。1984年から死去まで、江東区深川の特別養護老人ホーム「むつみ園」で暮らした。

111歳の誕生会まで、園で歌を歌っていた。112歳まで、園で自ら職員の手伝いをしていた。しかし、最晩年は寝たきりの生活となり、1998年9月には敬老会の式典に車椅子で出席するなど回復傾向になったが、その後再び容体悪化。

1998年11月、心不全のため114歳と191日で死去[1]

出典編集

  1. ^ CHANGING OF THE GUARD”. Buffalo News (1998年11月19日). 2016年3月1日閲覧。