松永栄治

日本の検察官、弁護士、オンブズマン

松永 榮治(まつなが えいじ、1947年 - )は、日本検察官弁護士オンブズマン法務省法務総合研究所長や、広島高等検察庁検事長名古屋高等検察庁検事長を歴任した。

人物・経歴編集

熊本県菊池郡旭志村(現菊池市旭志)出身。熊本県立菊池高等学校を経て、九州大学法学部卒業。1969年旧司法試験合格。1972年東京地方検察庁検事。東京地方検察庁特別捜査部副部長や、東京地方検察庁特別公判部長を務め、リクルート事件などに関与した。1998年名古屋地方検察庁次席検事。1999年富山地方検察庁検事正千葉地方検察庁検事正、横浜地方検察庁検事正を経て、2006年法務省法務総合研究所長。2008年広島高等検察庁検事長。2009年名古屋高等検察庁検事長[1]、2010年に定年退官後[2]熊本県弁護士会弁護士登録。熊本県選挙管理員会委員長、熊本市オンブズマン等も務めた[1]。2017年秋の叙勲で瑞宝重光章受章[3]

脚注編集

[脚注の使い方]


先代:
中井憲治
法務省法務総合研究所長
2006年- 2008年
次代:
小貫芳信
先代:
鈴木芳夫
広島高等検察庁検事長
2008年- 2009年
次代:
笠間治雄
先代:
中尾巧
名古屋高等検察庁検事長
2009年- 2010年
次代:
小貫芳信