松永 長頼/内藤 宗勝(まつなが ながより/ないとう そうしょう)は、戦国時代武将三好氏の家臣。丹波国船井郡八木城主。松永久秀の弟。内藤如安の父。

 
松永長頼
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄8年8月2日1565年8月27日
改名 松永長頼→内藤宗勝
別名 甚介(通称)、蓬雲軒
官位 備前
主君 三好長慶義継
氏族 松永氏内藤氏
兄弟 久秀長頼
正室:内藤国貞
貞勝[注釈 1]忠俊(如安)、ジュリア
テンプレートを表示

生涯編集

三好政権での出世編集

兄・久秀と共に三好氏の家臣となり、兄を補佐した。謀略を駆使して活躍した悪名高い兄に対して、誠実で武勇に優れ、主君の三好長慶から信頼された。三好家中での出世は兄より早く、久秀は弟の七光りで三好家中の地位を高めたともいわれる。天文18年(1549年)に長慶が上洛すると、当時「甚介」と名乗っていた長頼は細川晴元や13代将軍足利義輝など幕府側からの京都防衛を任され、公家衆の所領を知行として受け取る一方で、山城国山科七郷などを十河一存と共に横領している(『言継卿記』)[1]

天文19年(1550年)11月と翌20年(1551年)2月に義輝の後ろ盾である近江国六角定頼を攻撃して義輝が籠もる中尾城を脅かし(中尾城の戦い)、7月14日に晴元の家臣香西元成三好政勝(宗渭)らが丹波衆を率いて京都相国寺に陣取ると、兄と共に丹波衆を撃破した(相国寺の戦い[2][3][4]

丹波侵攻編集

天文22年(1553年)9月にも兄と共同で丹波国へ遠征して晴元方の波多野秀親数掛山城桑田郡)を包囲したが、香西元成・三好政勝が内藤氏八木城を攻め、長慶方の丹波守護代内藤国貞を討ち取ったため、急遽引き返して八木城を奪還した(『細川両家記』)[1][注釈 2]。この時、湯浅宗貞が千勝(内藤貞勝)を園部城に匿い長頼が来るまで持ち堪えている。長慶から丹波方面を任された長頼は国貞の娘を娶っており、内藤家の跡目は長頼の子(国貞の孫)の千勝が継承した[注釈 1]。長頼はその後見人であったと考えられる(「湯浅文書」「片山家文書」)[7]

しかし、弘治2年(1556年)頃に「内藤蓬雲軒宗勝」と号しており、内藤氏を掌握したと考えられる[1]。弘治3年(1557年)には長慶が丹波に出陣、永禄2年(1559年)には八上城多紀郡)を奪って波多野元秀を没落させ[8]氷上郡を除く丹波を平定し、同年までには単独で裁決を下すようになっており、丹波は宗勝の半独立した領国とまで言われるほどまでになっていた。また永禄5年(1562年)以降には「備前守」を名乗り、内藤家の家督を正式に継承していた[9]。さらに隣国の若狭国にも出兵し、守護の武田義統に反抗する逸見昌経の後ろ盾にもなっている。

以後も長慶の下で軍事行動を続け、永禄元年(1558年)5月、義輝・晴元らが近江から上洛を企てると兄と共に将軍山城如意ヶ嶽で幕府軍と交戦(北白川の戦い)、永禄2年(1559年)と翌3年(1560年)の河内国遠征にも従軍、永禄5年(1562年)の畠山高政との戦い(教興寺の戦い)にも丹波国衆を率いて出陣しており、三好政権下の有力な軍団長であったといえる[10][11][12]

最期編集

しかし丹波国人の反抗は止まず、永禄4年(1561年)6月の若狭出兵で、越前国朝倉義景の援軍を得た武田義統との戦いに敗れ、波多野氏赤井氏などの国人衆の蜂起を招き、永禄8年(1565年)、足利義輝が殺された永禄の変の2か月後の8月2日、丹波国人・荻野直正の居城である黒井城(氷上郡)を攻撃中に戦死した。宗勝死後の丹波では波多野元秀・荻野直正らが台頭し、同地における三好氏の勢力は大きく後退した[13][14]。内藤家の家督は子・如安が継いだ。

儒学者清原宣賢と交流があり、彼から与えられた貞永式目陽明文庫に保存されている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b 千勝(貞勝)は従来、内藤国貞の子とされてきたが[1]、2020年現在は長頼の子とする説が有力である[6]
  2. ^ ただし『細川両家記』には香西元成・三好政勝は松永兄弟らを後巻して攻撃したとだけあり、八木城を攻めたとの記述はない。福島克彦は内藤国貞の討死はその戦いによるものとし、八木城が一時奪われたともしていない[5]

出典編集

  1. ^ a b c d 田中 2013, pp. 148-160.
  2. ^ 長江 1989, pp. 108, 114, 120-121.
  3. ^ 今谷 2007, pp. 152, 159-161, 169.
  4. ^ 福島 2009, pp. 105, 107-108.
  5. ^ 福島 2009, p. 113; 福島 2014, p. 127.
  6. ^ 福島 2014, p. 126-134. 高橋成計「松永長頼(内藤宗勝)と丹波」、天野忠幸編『松永久秀 歪められた戦国の“梟雄”の実像』宮帯出版社、2017年。馬部隆弘「丹波片山家文書と守護代内藤国貞―拙著を踏まえて読み直す―」『大阪大谷大学歴史文化研究』19号、2019年。『八木城と内藤氏―戦国争乱の丹波―』南丹市立文化博物館、2020年(同名展示会図録)。
  7. ^ 田中 2013, pp. 148-160; 福島 2014, pp. 126-134.
  8. ^ 福島 2014, p. 120.
  9. ^ 福島 2014, p. 134.
  10. ^ 長江 1989, pp. 152-153, 155-159, 173.
  11. ^ 今谷 2007, pp. 184-188, 203-208, 214-224, 230, 241.
  12. ^ 福島 2009, pp. 112-116, 118-120.
  13. ^ 今谷 2007, p. 257.
  14. ^ 福島 2009, pp. 130-131.

参考文献編集

  • 長江正一『三好長慶』吉川弘文館人物叢書〉、1989年(原著1968年)、新装版。ISBN 978-4-642-05154-5
  • 今谷明『戦国三好一族 天下に号令した戦国大名』洋泉社〈MC選書〉、2007年。
  • 福島克彦『畿内・近国の戦国合戦』吉川弘文館〈戦争の日本史11〉、2009年。
  • 福島克彦 「丹波内藤氏と内藤如安」、中西裕樹編 『キリシタン大名への新視点 高山右近』 宮帯出版社、2014年。 
  • 田中信司「三好長慶と松永久秀・長頼」『三好長慶 室町幕府に代わる中央政権を目指した織田信長の先駆者 三好長慶四百五十年遠忌記念論文集』今谷明;天野忠幸監修、宮帯出版社、2013年。

関連項目編集