メインメニューを開く

松沢 一鶴(まつざわ いっかく、1900年9月7日 - 1965年1月10日)は、日本の元競泳選手、元東京都教育委員会委員長

松沢 一鶴 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム まつざわ いっかく
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形
生年月日 (1900-09-07) 1900年9月7日
生誕地 東京府東京市京橋区
没年月日 (1965-01-10) 1965年1月10日(64歳没)
死没地 東京都
テンプレートを表示

人物編集

東京府東京市京橋区生まれ。東京府立第一中学校などを経て、1927年、東京帝国大学理学部科学科卒業。在学中から水泳選手として鳴らし、1921年第5回極東選手権競技大会440ヤード自由形で優勝[1]1932年ロサンゼルスオリンピック1936年ベルリンオリンピック日本代表水泳監督を務めた後、1941年に大日本体育協会事務局長に就任し、1943年まで務めた。

また戦後も、「水泳日本」の再建に尽力し、日本水泳連盟の要職を務め、日本水連シンクロ普及部長を務めていた。また娘の松沢洋子は日本におけるアーティスティックスイミング(シンクロ)の草分け的存在としても知られる[2]

1964年東京オリンピック大会組織委員会参事などに就任した。一方、大阪ゴム取締役や東京切抜通信社社長を務めていた。

戦後の東京都教育委員長に公選制にて最高点で当選するなど3期務めたが、知事による任命制とする法案の成立に反対し、その後辞職した。

1965年1月10日脳卒中のために逝去[3]。64歳没。没後に正五位勲三等瑞宝章を追叙追贈された。

脚註編集

  1. ^ 『月刊 水泳』第160号 9頁 松沢一鶴氏経歴 (PDF) 日本水泳連盟 1965年7月発行
  2. ^ 大学女子水泳部設立と松沢洋子さん 学習院大学桜友会
  3. ^ 『月刊 水泳』第160号 4頁参照 (PDF) 日本水泳連盟 1965年7月発行

外部リンク編集