メインメニューを開く

松浦功

日本の官僚・政治家。法務大臣

松浦 功(まつうら いさお、1923年4月24日 - 2002年12月28日)は、日本官僚政治家。元自由民主党所属の参議院議員(3期)。東京都出身。

目次

来歴編集

旧制東京高等学校卒業後、東京帝国大学法学部政治学科に入学。東京帝大在学中の1946年高等文官試験行政科に合格。1947年、東京帝大を卒業し、旧内務省に入省。自治省大臣官房総務課長北九州市助役消防庁長官自治事務次官などを歴任した後、1980年の参議院議員選挙に全国区から自民党公認で出馬し初当選。1995年自民党地方自治関係団体委員長1996年第2次橋本内閣法務大臣として初入閣。1998年、政界引退。

2002年12月28日、肺炎による呼吸不全のため死去。79歳没。

主な活動編集

行政改革編集

自治省の官房総務課長から格下げとも言える北九州市助役への出向をしたが、その北九州市で徹底した行政改革を行なったため、「人切りの松」と呼ばれた[1]。松浦はそれまでの吉田法晴市長による革新市政下で増大した財政赤字を削減するため、谷伍平市長とともに市役所職員数の削減、給与の引き下げや 生活保護需給者数の削減などを進めた。

死刑執行命令編集

約10か月の法務大臣在任中、永山則夫連続射殺事件犯人永山則夫ら7人の死刑囚死刑執行を命令した。

脚注編集

  1. ^ 神一行『自治官僚』 講談社文庫 p.138
公職
先代:
長尾立子
  法務大臣
第63代:1996年 - 1997年
次代:
下稲葉耕吉
官職
先代:
鎌田要人
  自治事務次官
第11代:1976年 - 1977年
次代:
首藤尭
先代:
佐々木喜久治
  消防庁長官
第12代:1976年
次代:
林忠雄