メインメニューを開く

松浦 輝夫(まつうら てるお、1934年 - 2015年11月6日)は、日本登山家1970年に、植村直己とともに、日本人として初めてエベレストの登頂に成功したことで知られる[1]

経歴編集

大阪市出身[1]。高校時代はラグビー選手だったが、本格的な登山を志して早稲田大学教育学部に進学した[2]1957年、早稲田大学卒業[1]

1965年、ヒマラヤのローツェ・シャール峰に挑んだ早稲田大学隊に参加し、松浦は当時の日本人最高到達高度を記録したものの、隊は遭難者を出して登頂を断念した[3]

1970年日本山岳会エベレスト登山隊に参加し、東南稜ルートのリーダーを務め、5月11日植村直己とともに、日本人初のエベレスト登頂に成功した[1]。これに対して秩父宮記念賞を受けた[1]。植村は、エベレストの頂上に達する直前で、先輩である松浦に道を譲り、松浦を先に頂上に立たせたとされる[4][5]。当時の新聞報道は、「タフで子ぼんのう」な「まじめ男」と松浦を評した[6]

1981年、早稲田大学K2登山隊の隊長を務め、2隊員の西稜ルートからの初登頂を成功させた[1]

K2隊の隊長を務めた後は、本格的登山からは身を退き、大阪市で家業の材木商の経営に当たった[4]1980年代には、所有する賃貸住宅に「ハイムK2」、「ハイム8848」(エベレストの標高にちなむ)といった名称を付けていた[7]

1991年屋久島へ単身で移住し、2001年まで本格的に陶芸に打ち込む[4]。当地で陶芸作品を観光客に販売するなどして得た資金でネパールの学校へ奨学金を送る活動をした[4][5]。その後、大阪市に戻った。

2015年11月6日に白血病のため死去した[8]。81歳没。

出典・脚注編集

  1. ^ a b c d e f 日本初エベレスト登頂 松浦輝夫氏が早稲田摂陵に来る! (PDF)”. 早稲田摂陵中学校・高等学校. 2013年11月13日閲覧。
  2. ^ “早大K2登山隊長松浦輝夫氏 この人に聞く”. 朝日新聞・東京朝刊: p. 17. (1981年5月29日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ “天地の境に立って エベレストに登った 松浦輝夫氏 ゆっくり話そう”. 朝日新聞・東京朝刊: p. 21. (1970年5月30日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ a b c d 梅崎隆明 (2001年3月4日). “[ひと点描]松浦輝夫さん67 もう一つの頂上 陶芸の日々、仲間に感謝込め”. 読売新聞・東京朝刊: p. 38  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  5. ^ a b 「time flies…)1970年5月11日 最高峰征服」『AERA』2007年5月14日、 13頁。 - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ 同じ記事で植村は「世界の山を放浪」した「"風来坊"」と評されている。:“成功招いた異色コンビ まじめ男の松浦隊員 風来坊の植村隊員”. 朝日新聞・東京夕刊: p. 10. (1970年5月14日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  7. ^ 武田文男 (1987年5月7日). “「世界一」の譲位はあるか エベレストとK2の“身長”逆転 決着、同条件での衛生測量の判定待ち”. 朝日新聞・夕刊: p. 3  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  8. ^ 日本人初のエベレスト登頂 登山家の松浦輝夫氏死去 植村直己さんと一緒に 朝日新聞 2015年11月7日