メインメニューを開く

松浦邑

江戸時代中期の大名。平戸新田藩第2代藩主

松浦 邑(まつら さとし、寛文10年(1670年) - 宝永5年10月29日1708年12月10日))は、肥前国平戸新田藩の第2代藩主。

初代藩主・松浦昌の長男。母は加藤泰興の娘。正室は旗本本田正信の娘。子は松浦鄰(長男)。初名は厚。通称は玄蕃。

元禄3年(1690年)2月15日、将軍徳川綱吉にお目見えする。宝永3年(1706年)5月7日、父昌の隠居により、家督を継いた。宝永5年(1708年)10月29日に39歳で早世した。跡を長男・鄰が継いだ。法号は松林院。墓所は東京都港区南麻布の光林寺。