松漠紀聞』(しょうばくきぶん)は、中国南宋人洪皓中国語版が撰した金朝における見聞録[1]1156年[1]

概要編集

洪皓中国語版1129年に金朝に派遣され、捕虜の宋帝欽宗らの返還交渉をおこなったが、金朝の傀儡国家である劉斉中国語版に仕えるよう迫られ、拒否したため中国東北部(現在の通遼市 - 赤峰市)に15年間抑留されときに、当地の風俗などの見聞をまとめたものである[1]

『松漠紀聞』は、女真完顔部先祖であり、金朝の始祖である函普を「新羅人」と記録している。これを根拠に韓国北朝鮮では女真ルーツ朝鮮民族であるという主張がある[2][3][4][5][6]。しかしながら、史料解釈に問題があり、中国日本などから批判されている。

脚注編集

  1. ^ a b c 松漠紀聞』 - コトバンク
  2. ^ “韓・日・モンゴルの共通のルーツは「ジュシン族」”. 東亜日報. (2006年3月14日). オリジナルの2016年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161130075135/http://japanese.donga.com/List/3/all/27/292170/1 
  3. ^ “【寄稿】「水」で見る北京・東京・ソウルの歴史”. 朝鮮日報. (2016年1月24日). オリジナルの2016年1月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160126045005/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/23/2016012300446.html 
  4. ^ “【寄稿】「水」で見る北京・東京・ソウルの歴史”. 朝鮮日報. (2016年1月24日). オリジナルの2016年1月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160126045010/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/23/2016012300446_2.html 
  5. ^ “「金、清、韓国史に編入を」…東北工程対応策提案”. 中央日報. (2006年9月15日). オリジナルの2013年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131005155738/http://japanese.joins.com/article/900/79900.html?sectcode=&servcode= 
  6. ^ “특별기획 만주대탐사 2부작 2부 금나라를 세운 아골타, 신라의 후예였다!”. 韓国放送公社. (2009年9月5日). オリジナルの2009年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091109220105/http://www.kbs.co.kr/1tv/sisa/historyspecial/view/vod/1605745_30885.html 

関連項目編集