メインメニューを開く

松田 匡司(まつだ まさし、1974年11月16日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手外野手)。

松田 匡司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県
生年月日 (1974-11-16) 1974年11月16日(45歳)
身長
体重
184 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1999年 ドラフト7位
初出場 2000年6月1日
最終出場 2004年6月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

プロ入り前編集

星林高では1年夏に甲子園に出場。3年時は投手であった。

法大では、3年次に全日本大学野球選手権大会優勝、4年秋に東京六大学リーグのベストナインにも選ばれた。同期には副島孔太がいた。

社会人野球チームシダックスでは、1999年社会人野球日本選手権大会初優勝に大きく貢献し、同年のドラフト7位で阪神タイガースに入団。

プロ入り後編集

自慢の強肩で1年目から23試合に出場した。また足が速く当時の野村克也監督に高波文一赤星憲広ら7人で「F1セブン」と名付けられた[1]

2002年オフに佐久本昌広とのトレードで福岡ダイエーホークスに移籍。2003年は自己最多の56試合に起用されるも、オフに戦力外通告される。当初はトレード要員通告だったが、手を挙げる球団が無かったことから解雇となった。

その後大阪近鉄バファローズのテストを受け不合格となるが、翌2004年春季キャンプにテスト生として参加し、強肩とハングリー精神を買われて合格。しかし同年オフに球団合併の際に2度目の戦力外通告を受け現役引退。

速球に強いものの、変化球が全くと言っていいほど打てず、貧打に苦しんだのが、レギュラーに定着できなかった理由のひとつである。また、強肩だが制球力に欠けていたので投手転向もならなかった(法大時代は途中まで投手で、1年秋のリーグ戦に登板している)。

引退後編集

2018年時点では、会社員をしている[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2000 阪神 23 32 26 3 6 2 0 0 8 3 1 1 2 0 4 0 0 8 0 .231 .333 .308 .641
2001 19 14 13 3 3 0 0 0 3 1 2 0 0 0 1 0 0 5 0 .231 .286 .231 .516
2002 18 16 15 2 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 1 5 0 .133 .188 .200 .388
2003 ダイエー 56 80 71 3 9 1 1 0 12 0 0 0 5 0 4 0 0 22 2 .127 .173 .169 .342
2004 近鉄 3 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:5年 119 143 126 12 20 4 1 0 26 4 3 1 7 0 9 0 1 40 2 .159 .221 .206 .427

記録編集

背番号編集

  • 67 (2000年 - 2002年)
  • 43 (2003年)
  • 92 (2004年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 虎の嵐!俊足自慢5人組、好タイム連発nikkansports.com、2016年10月22日閲覧。
  2. ^ 日刊スポーツ大阪本社版、2018年9月11日付3面「ニッカン極トラ・プレミアム あの猛虎は今」

関連項目編集

外部リンク編集