メインメニューを開く

松田 博文(まつだ ひろふみ、1943年8月31日 - )は福岡県出身の日本柔道家。身長162cm。得意技は背負投内股[1]

獲得メダル
柔道
日本の旗 日本
世界柔道選手権
1965 リオデジャネイロ 軽量級
1967 ソルトレークシティー 軽量級

経歴編集

嘉穂高校から関西大学進学後、1964年東京オリンピックの軽量級代表候補になるも今一歩のところで代表にはなれなかった。しかし1965年の世界選手権軽量級では優勝を果たした。その後フランス柔道連盟に招聘されて、一時期フランスで柔道を教えていた[2]。帰国後は東レデュポンに所属していた。1967年の世界選手権中量級で優勝した丸木英二とは大学時代に同級生だった。

主な戦績編集

脚注編集

  1. ^ 「新装版 柔道 体型別 技の大百科 第2巻」ベースボールマガジン社 151頁 ISBN 978-4-583-10319-8
  2. ^ 柔道部 松田博文

外部リンク編集