松田 広子(まつだ ひろこ、1960年 - )は、日本映画プロデューサーである。

まつだ ひろこ
松田 広子
生年月日 1960年
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 映画プロデューサー
ジャンル 映画
テンプレートを表示

経歴編集

1960年、東京都に生まれる[1]。『STUDIO VOICE』と『SWITCH』の編集者を務めたのち、1994年に独立[1]。映画プロデューサーとして『大いなる幻影』『どこまでもいこう』『アカシアの道』などの作品を手がけた[2]。2013年の第14回東京フィルメックスでは、コンペティション部門の審査員を務めた[3]

フィルモグラフィー編集

映画編集

脚注編集

  1. ^ a b Staff”. カナリア. オフィス・シロウズ. 2015年6月2日閲覧。
  2. ^ The Film School of Tokyo”. Midnight Eye (2001年5月29日). 2015年6月2日閲覧。
  3. ^ 第14回東京フィルメックス開幕! 映画の力を信じる9日間を映画ファンと共に!”. シネマトゥデイ (2013年11月23日). 2015年6月2日閲覧。

参考文献編集

  • 「特集『カナリア』 松田広子(プロデューサー)インタビュー」『キネマ旬報』2005年3月下旬。

外部リンク編集