松田 樹利亜(まつだ じゅりあ、:Mazda Julia、1975年2月7日 - )は、日本の歌手京都府出身(大阪府生まれ)。旧芸名及び本名;豊田 樹里(とよた じゅり)。日出女子学園高等学校卒業。同級生に河田純子水野美紀穴井夕子大野幹代などがいた。

松田 樹利亜
出生名 豊田 樹里
生誕 日本の旗 日本 大阪府
(1975-02-07) 1975年2月7日(43歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府
学歴 日出女子学園高校卒業
ジャンル J-POP
ポップ・ロック
グラム・ロック
職業 ボーカリスト
担当楽器 ボーカル
活動期間 1989年-
レーベル ハミングバードレコード(1993年 - 1997年)
cutting edge(1997年 - 1999年)
ビクターエンタテインメント(2001年)
トライクルエンタテイメント(2001年 - 2002年)
ウェーブマスター2003年 - 2013年
VR(2014年 - )
事務所 渡辺プロダクション
1988年
オスカープロモーション
1989年 - 1992年
パブリック・イメージ
1993年 - 1996年
エイベックス・エンターテインメント
(1996年 - 1998年
アップフロントエージェンシー(後のアップフロントプロモーション)
1999年 - 2000年
オスカープロモーション
2001年 - 2002年
共同作業者 鈴木慎一郎

目次

略歴編集

歌手になるきっかけを見つけるため、東京宝映テレビ(後の宝映テレビプロダクション)で子役として活動。第3回東鳩オールレーズンプリンセスコンテストでプリティーアイドル賞を受賞。優勝者新島弥生他コンテスト入賞者とアイドルグループEGG5というグループを結成。渡辺プロダクションと契約し、グループで歌手デビューの予定もあったがお蔵入りに。その後、第3回全日本国民的美少女コンテスト歌唱部門で豊田樹里として工藤静香の「恋一夜」を歌い、音楽部門賞を取った後、1990年アイドルユニットBABY'Sの一員としてデビューし、メインボーカルを担当する。

所属事務所をパブリック・イメージへ移籍し、1993年ハミングバードレコード(後にワーナー・ミュージック・ジャパンのレーベルへ統合、WEAミュージックにレーベル変更)から月光恵亮プロデュース「抱きしめても止まらない」(テレビ朝日系「トゥナイト」エンディング曲)で、正体不明の美少女ボーカリスト松田樹利亜として、生年月日も公表せずに再デビュー(数年後、ラジオニッポン放送特番「松田樹利亜オールナイトニッポン」にて生年月日を公表)。シングルのジャケット写真も顔半分であった。当時の売り方の戦略としてルックスのみで評価せずきちんと歌を聴いてもらいたい思いからであった。プロモーション費用3億を賭け大々的なプロモーションだった。デビューアルバム「Julia I」はオリコンのウィークリーチャートに初登場で2位となり、その後は様々なCMや番組タイアップ曲等で着実にヒットを続け、GiRLPOPの代表格となる。

1997年レコード会社をエイベックス系のcutting edgeへ移籍し、本人選曲のベストアルバム『1494 〜Julia's Best Selection〜』を発表。その後もシングルやアルバムを発表するが、所属プロダクションとの確執やレコード会社移籍問題(移籍予定先だったzetimaにおいて名義変更を強要されたことから、移籍まで至らず、ベストアルバムがジュリア(松田樹利亜)名義で発売されたのみ)などがあり、公認ファンサイトへ本人名義で芸能界引退宣言とも取れる書き込みがあった後、しばらく芸能界から姿を消すことになる。

2001年に所属事務所を移籍し、ビクターエンタテインメントから発売したシングル「Starting UP」(アニメ逮捕しちゃうぞ」オープニング曲)で再び芸能界への復帰を果たす。ビクターからはこのシングル1枚のみで、以降は従来のポップス調スタイルからハードロック系のボーカリストとして、所属事務所はオスカープロモーションに戻る。しかし、トライクルエンタテイメントより鈴木慎一郎プロデュースのシングル・アルバムを数枚発表した後、同社の日本の社長と意見が合わなくなり契約解除(本人がライブで公言)、オスカープロモーションとも意見が合わなくなりこちらも契約解除する。当時、雑誌「WO」で「私のファンは私の容姿ばかりみて、楽曲を真剣にきいてくれない」などとコメントし、その後、原宿でのライブでこの件について謝る必要がないと公言した。

インディーズでアルバム「LIBERAL MINDS」を発売した後、2003年秋に再びメジャーへ復帰する。セガ(後のセガゲームス)の関連会社であるウェーブマスターよりシングル「僕のカケラ」を発売する。その後ウェーブマスターに籍を置き、ライブ、アルバム、DVDなど数多く作品を発表している。2009年には専属作家の鈴木慎一郎らと「Ash Wednesday」を結成し、『BLACK STAR』をリリースした。

2014年テイチクエンタテイメントアズミックスが立ち上げた新レーベルVR(ブイアール)へ移籍し、ハミングバードレコード時代に発表したシングルのセルフカバー2曲を含んだアルバム「REVIVE」を発表する。

ディスコグラフィ編集

オリジナル・アルバム編集

ライブ・アルバム編集

ミニ・アルバム編集

ベストアルバム編集

シングル編集

  • 抱きしめても止まらない (1993年8月25日 HBDL-1505、再発1994年10月1日 WPD4-7202)オリコン最高位48位
  • だまってないで (1993年11月24日 HBDL-1514、再発1994年10月1日 WPD4-7203)オリコン最高位17位
  • FOREVER DREAM (1993年12月21日 HBDL-1510、再発1994年10月1日 WPD4-7204)オリコン最高位25位
  • Rain (1994年4月27日 HBDL-1517、再発1994年10月1日 WPD4-7205)オリコン最高位25位
    • 上記4点の再発売は、マイカルハミングバードの解散・ワーナーミュージック・ジャパンへの事業譲渡に伴うもの。
  • 負けないBroken Heart (1994年10月25日 WPD4-7206)オリコン最高位14位
  • 本日快晴 (1995年2月25日 WPD4-7219)オリコン最高位44位
  • Fly So High (1995年5月25日 WPD4-7223)オリコン最高位49位
  • I WANT YOU (1995年11月13日 WPD4-7231)オリコン最高位54位
  • この世界のどこかで (1996年2月25日 WPD4-7232)オリコン最高位66位
  • ちゃっかり (1996年5月25日 WPD4-7233)オリコン最高位62位
  • NAKED LOVE AGAIN (1997年8月20日 CTDR-28015)オリコン最高位68位
  • Ambitious (1997年12月10日 CTDR-28018)オリコン最高位70位
  • 永遠という瞬間の中で (1998年6月6日 CTDR-25001)
  • LOVE IS A MERRY GO-ROUND (1998年11月11日 CTDR-28037)
  • Starting UP (2001年4月21日 VICL-35256)オリコン最高位90位
  • SPIRIT (2002年6月26日 TNCH-5021)
  • 欠落 (2002年10月23日 TNCH-5022)
  • 僕のカケラ (2003年10月1日 WWCE-31001)オリコン最高位200位
  • TILL THE END OF RUN (2006年12月13日 WWCA-31140)

出演編集

CM編集


外部リンク編集