メインメニューを開く

松田 正一(まつだ まさかず、1884年明治17年)12月23日[1] - 1972年昭和47年)7月20日[2])は、日本の政治家衆議院議員(7期)。

目次

経歴編集

三重県出身。1906年京都法政大学法律科卒[3]。卒業後は古河鉱業から大阪市役所に勤務する[3]

その後、津市議、同副議長、三重県議などを経て[3]1930年第17回衆議院議員総選挙では三重1区(当時)から立憲民政党非公認で立候補して最下位で初当選[4]し、同選挙区で民政党4人目の当選者となった[5]。以来連続7回当選[3]米内内閣大蔵参与官第1次吉田内閣運輸政務次官などを歴任した[3]1949年第24回衆議院議員総選挙では民主自由党公認で立候補したが落選[6]し、政界を引退した。

この他、共融無尽株式会社取締役会長、第三相互銀行取締役会長も務めた[3]

逸話編集

  • カイゼル髭で知られ「ヒゲの松田」と呼ばれた[7]

脚注編集

  1. ^ 第58回帝国議会衆議院議員名簿』 衆議院〈衆議院公報附録〉、1930年、14頁。 
  2. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』600頁。
  3. ^ a b c d e f 衆議院; 参議院編 『議会制度七十年史 第11』 大蔵省印刷局、1962年、467頁。 
  4. ^ 衆議院事務局編 『第17回衆議院議員総選挙一覧』 衆議院事務局、1930年、183頁。 
  5. ^ 『三重政界の闘将たち』51頁。
  6. ^ 第24回衆議院議員総選挙一覧』 衆議院事務局、1949年、460-461頁。 
  7. ^ 『三重政界の闘将たち』50頁。

参考文献編集

  • 川崎秀二『三重政界の闘将たち』内外政局研究会、1974年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。