メインメニューを開く

松苗 慎一郎(まつなえ しんいちろう、1957年7月13日 - )は、テレビ朝日アスク取締役。元テレビ朝日アナウンサー。

まつなえ しんいちろう
松苗 慎一郎
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
生年月日 (1957-07-13) 1957年7月13日(61歳)
最終学歴 早稲田大学
勤務局 テレビ朝日アスク
部署 取締役
活動期間 1980年 - 2010年
ジャンル 報道番組
公式サイト 松苗慎一郎プロフィール
出演番組・活動
過去ANNニュースフレッシュ
スーパーモーニング
大相撲ダイジェスト』など

来歴・人物編集

東京都世田谷区出身。駒場東邦高等学校を経て、早稲田大学卒業。1980年、当時の全国朝日放送にアナウンサーとして入社。同期は保坂正紀(現:広報局)。

以後は報道を中心に活動する一方で、大相撲にも造詣が深く、当時のアナウンス部長であった山崎正らとともに『大相撲ダイジェスト』を断続的に担当した。

ル・マン24時間耐久レース』の実況を1987年から95年まで担当し、95年には関谷正徳の日本人ル・マン初制覇のゴールの実況を担当した。

また、長らくボクシング中継(エキサイトボクシング)の実況アナウンスを担当した。1990年2月7日には、後楽園ホールにおいて行われたWBC世界ストロー級選手権崔漸煥×大橋秀行戦(大橋が国内ジム所属選手の世界挑戦連続失敗回数を21で止めた歴史的試合)の実況を担当した。

2004年から2年間、子会社のテレビ朝日アスクに出向し、後進の指導・育成業務にあたった。2006年1月、アナウンス部へ復帰。2010年6月28日までアナウンス部長を務め、翌日6月29日からスポーツ局スポーツ渉外専任部長となった。ちなみに、後任のアナウンス部長は、山本清(前:コンテンツビジネス局ライツプロデュース部長)が就任した。

2015年8月に、テレビ朝日アスクに再び戻り、取締役事業統括本部長となる。

宅地建物取引士の資格を持っている。

過去の出演番組編集

外部リンク編集