メインメニューを開く

松鶴家 千とせ(しょかくや ちとせ、1938年1月9日 - )は日本の漫談家歌手司会者。本名は、小谷津 英雄。小谷津家は下り藤の家紋である。元東京演芸協会常任理事、元南相馬市ふるさと親善大使、東京都足立区在住。千とせプロダクション所属。

アフロヘアーと、「わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ」のフレーズ、「イェーイ!」で決めるピースサインのポーズがトレードマークで1970年代に人気を博した。その後も活躍中である。

来歴編集

満州で産まれる。福島県原町市(その後の南相馬市)が生まれ故郷。親族は、小谷津工務店という建築業をしている。福島県立原町高等学校を中退して、1953年に東京に移り、松鶴家千代若・千代菊に入門。歌謡学校で歌を勉強しながら、理容学校をでて、歌手修業を積みつつ、国際理容師の免許を取得した。1967年に千とせ流家元三代目松鶴家千とせを襲名。1967年、宮田羊かんと共に漫才コンビ松鶴家千とせ・宮田羊かんを結成。1969年、1970年。1971年の「NHK漫才コンクール」に3年連続本選まで残った。 浅草の松竹演芸場をホームグラウンドに、74年ごろからテレビなどで大活躍した。トレードマークのあごひげとアフロヘアーが人気となった。

時代劇のネタのほか、本来はジャズ歌手志望だったこともあって[1]、ジャジーなスキャットに、民謡や童謡などを融合させた独特の和風メルヘンの世界を築き、「わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ〜」のフレーズで、大人気になった。1974年頃「シャバダバダディ〜!、イェーイ!。俺が昔、夕焼けだった頃、弟は小焼けで、父さんは胸やけで、母さんは霜やけだった。」とギャグを飛ばし、『夕焼け小焼け』の替え歌の漫談で注目を浴びた。

1975年にはシングル『わかんねェだろうナ(夕やけこやけ)』をリリースし、ヒットとなった[1]。その余勢を駆って、1976年には2本目の出演映画として東映の大ヒット映画『トラック野郎・望郷一番星』に「わかンねえだろうナ」の行燈を掲げたトラック運転手ニヒル役で出演した[2]。同年、放送演芸大賞(漫談部門)受賞。

東洋館上野広小路亭木馬亭などの寄席演芸のほか、美声を活かして歌手や司会者としても息の長い活動を続ける一方、1981年には、足立区を中心に「全国さつまいもの会」を結成し、東京都の足立区庁舎ホール、老人ホーム、福祉施設などで公演をしている。東京都の足立区社会福祉協議会に寄付をしていて、ボランティア活動にも精力的に取り組んでいる。また、ITに造詣が深く、自身のホームページを自作する一面もある[3]

2012年11月芸能生活60周年記念としてコミックソング「これからサンバ」、シルバー世代の出会いを歌った「三千六百五十日もあるからね」をオリエントレコードよりリリース。

出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

映画編集

ディスコグラフィ編集

  • わかんねェだろうナ(夕やけこやけ)(1975年3月25日)
  • 人生達磨坂(1983年2月25日)
  • 庄助さんブルース(1987年11月21日)
  • ふるさとは東京(1989年12月5日)
  • 人生折り返し(1993年2月24日)
  • 華鼓(1996年1月6日)
  • 昭和枯れすすき(2001年8月21日) - 「さくらと千とせ」名義。
  • みちのく物語(2003年4月21日)
  • 千登世橋コズミック・ドライブ(2005年4月21日) - 「サザンハリケーンFeat.松鶴家千とせ」名義。
  • 酔いどれ男のはしご酒(2008年1月)
  • サムライ…(はるかなる男達)(2009年12月)
  • ああ手賀沼(2009年12月)
  • 「これからサンバ」「三千六百五十日もあるからね」(2012年11月)

直弟子編集

兄弟弟子など編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集