板倉 勝全(いたくら かつまた)は、幕末大名備中国庭瀬藩10代藩主。重宣系板倉家11代。

 
板倉勝全
時代 江戸時代後期
生誕 文政13年11月6日[1]1830年12月20日
死没 安政5年8月22日1858年9月28日
改名 銘之進(幼名)、勝全
戒名 明覚院殿義山源大居士
官位 従五位下摂津守越中守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定
備中庭瀬藩
氏族 酒井氏板倉氏
父母 酒井忠恒板倉勝成
兄弟 勝全酒井忠強酒井忠彰酒井忠邦
前田安之丞室、春子
永井尚典
益田某室、勝弘
テンプレートを表示

生涯編集

上野伊勢崎藩酒井忠恒[1]の三男。先代庭瀬藩主板倉勝成の養嗣子[1]となり、嘉永元年10月8日1848年11月3日)、養父の死去により家督を継いだ[1]。安政5年2月19日(1858年4月2日)、家督を養子の勝弘に譲って隠居し、同年8月22日に29歳で死去した[1]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e デジタル版 日本人名大辞典+Plus. “板倉勝全” (日本語). コトバンク. 2020年7月19日閲覧。