板倉 勝弘(いたくら かつのり)は、幕末から明治時代の大名華族。位階は従五位下[1]

 
板倉勝弘
Itakura Katsuhiro.jpg
板倉勝弘
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保9年9月22日1838年11月8日[1]
死没 明治42年5月7日1909年5月7日
官位 従五位下
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂慶喜明治天皇
備中庭瀬藩
氏族 酒井氏板倉氏
父母 板倉勝俊、杉山氏
板倉勝全
兄弟 勝顕本多成功永井尚服勝弘、勝敬、九鬼隆都継室、岩城隆喜正室ら
間部詮勝娘鉚
勝鏤勝義、益子
テンプレートを表示

生涯編集

福島藩板倉勝俊の八男として、天保9年9月22日1838年11月8日)に誕生した[1]

庭瀬藩主板倉勝全の養子となり、安政5年2月19日1858年4月2日)に勝全の隠居にともない跡を継いだ。

慶応4年1月27日1868年2月20日)から明治2年6月27日1869年8月4日)の戊辰戦争では新政府側に与し、伊予松山藩攻めに参加した。

明治2年6月17日(1869年7月25日)、版籍奉還藩知事となる

明治4年7月14日1871年8月29日)、廃藩置県によって藩知事を免官となった。その後、1884年(明治17年)7月8日、子爵を叙爵した[1][2]

1909年(明治42年)5月7日、72歳で死去した[1]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e コトバンク/板倉勝弘
  2. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
庭瀬板倉家初代
1884年 - 1909年
次代:
板倉勝鏤