板倉 勝承(いたくら かつつぐ)は、江戸時代中期の大名陸奥国福島藩4代藩主。官位従五位下内膳正。重昌流板倉家第7代。

 
板倉勝承
時代 江戸時代中期
生誕 享保20年7月1日1735年8月18日
死没 明和2年3月26日1765年5月15日
官位 従五位下内膳正
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
陸奥福島藩
氏族 板倉氏
父母 板倉勝里相馬昌胤娘・辰
兄弟 勝承勝任渡辺寛綱板倉勝延正室
京極高矩娘・銕子
板倉勝任養女
テンプレートを表示

生涯編集

板倉勝里の長男として誕生。寛保3年(1743年)、父の死により家督を相続する。

延享2年(1745年)、福島三万石騒動と呼ばれる一揆が発生する。その後も、切米騒動などに悩まされる。明和元年(1764年)には、城代家老の松原克昌に財政上の失態があり、幕府から閉門処分を受けた。明和2年(1765年)に死去した。男子がなく、跡を弟・勝任が継いだ。

系譜編集