板倉 勝清(いたくら かつきよ)は、江戸時代中期の大名老中。始め15000石。陸奥国泉藩2代藩主、遠江国相良藩主、上野国安中藩主。官位従四位下佐渡守侍従重形系板倉家3代。

 
板倉勝清
時代 江戸時代中期
生誕 宝永3年(1706年
死没 安永9年5月28日1780年6月30日
官位 従四位下佐渡守侍従
幕府 江戸幕府 寺社奉行若年寄側用人老中
主君 徳川吉宗家重家治
陸奥泉藩主→遠江相良藩主→上野安中藩
氏族 板倉氏
父母 板倉重同
兄弟 勝清建部政民正室、朽木直綱正室、
板倉重丘
板倉重冬
勝暁北条氏興内藤正久本堂親房
勝矩勝意板倉重治養女、
水野忠見正室、土井利厚正室ら
テンプレートを表示

略歴編集

板倉重同の長男。

幕府では長年若年寄を勤め、泉から相良、さらに安中とめまぐるしく増転封を繰り返す。延享4年(1747年)には分家の旗本7000石板倉勝該が勝清を殺害しようとして誤って肥後国熊本藩細川宗孝を殺害するという事件が発生した。本家筋にあたる勝清が素行不良の勝該を廃嫡しようとしたところ逆上しての事件といわれる(異説もある)。

寺社奉行、若年寄、側用人、西丸老中を経て、明和6年(1769年)には本丸老中に起用される。安永9年(1780年)まで務め、在職のまま没した。跡は長男・勝暁が継いだ。

経歴編集

系譜編集

関連項目編集