板倉勝澄

日本の江戸時代の大名

板倉 勝澄(いたくら かつずみ)は、伊勢国亀山藩2代藩主、備中国松山藩初代藩主。板倉家宗家7代。

 
板倉勝澄
Itakura Katsuzumi.jpg
板倉勝澄像
時代 江戸時代中期
生誕 享保4年6月28日1719年8月13日
死没 明和6年5月3日1769年6月6日
改名 新平(幼名)、勝澄、源承(法号)
戒名 円乗院殿無山元承大居士
墓所 愛知県西尾市貝吹町入の長圓寺
官位 従五位下周防守相模守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
伊勢亀山藩主、備中松山藩
氏族 板倉氏
父母 板倉重治、村井氏
戸田忠余[1]
根津氏、植原氏、福村氏
勝武戸田光邦勝従勝行勝政
勝峯伊奈忠尊勝房前田利尚正室、
堀直泰正室、巨勢利喬正室、
菅沼定前正室、本多忠盈正室ら
テンプレートを表示

生涯編集

伊勢亀山藩初代藩主・板倉重治の長男。享保9年(1724年)閏4月、家督を継ぐ。延享元年(1744年)3月、伊勢亀山から備中松山へ移封される。延享3年(1746年)には松山に学問所を創設し、藩士子弟の教育に努めた。寛延4年(1751年)9月23日、長男の勝武に家督を譲って隠居し、剃髪して源承と号した。明和6年(1769年)5月3日、51歳で死去した。

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 元文六年武鑑
先代:
板倉重治
板倉宗家当主
1724年 - 1751年
次代:
板倉勝武