メインメニューを開く

板倉 勝矩(いたくら かつのり、寛保2年5月14日1742年6月16日) - 安永4年12月26日1776年1月17日))は、江戸時代中期から後期の大名で、陸奥国福島藩主。重昌流板倉家第10代。上野国安中藩板倉勝清の五男。正室はなし。子は、板倉勝長(次男)、板倉勝幹(四男)、内藤頼以(五男)、娘(加藤泰賢継室のち松平直紹越前松平家)継室)など。従五位下、河内守。

安永2年(1773年)、先代藩主板倉勝行の急逝により、養子となって家督を相続した。安永4年(1775年)に死去し、跡を次男の勝長が継いだ。