板倉 勝興(いたくら かつおき)は、江戸時代中期の大名備中国庭瀬藩3代藩主。官位従五下摂津守。重宣流板倉家4代。

 
板倉勝興
時代 江戸時代中期
生誕 享保7年7月14日1722年8月25日
死没 寛政8年7月4日1796年8月6日
戒名 永寿院鶴峰源亀大居士
官位 従五下摂津守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
備中庭瀬藩
氏族 板倉氏
父母 板倉昌信、宮本氏
兄弟 勝興堀直著正室、石川総恒正室
植村家敬長女植村家敬三女
西村氏、関氏、大宮氏
勝志勝紀巨勢至親勝喜
大久保教倫婚約者、永井直諒正室、
板倉勝宦正室
テンプレートを表示

略歴編集

2代藩主板倉昌信の長男として誕生。

享保15年(1730年)、父の死去により家督を継ぐ。藩政に見るところもなく、天明4年(1784年)3月9日に家督を長男の勝志に譲って隠居した。

寛政8年(1796年)7月4日、75歳で死去した。法号は永寿院鶴峰源亀大居士。

系譜編集