メインメニューを開く

板倉 勝長(いたくら かつなが、宝暦11年7月25日1761年8月25日) - 文化12年4月12日1815年5月20日))は、江戸時代後期の大名で、陸奥国福島藩主。先代藩主板倉勝矩の次男で、重昌流板倉家第11代。幼名は伊三郎。正室は脇坂安親の娘、継室は本多忠薫の娘(本多康匡の養女)。子は、板倉勝俊(長男)、板倉勝定(次男)、娘(米倉昌寿継室)、娘(渡辺輝綱正室)。官位は従五位下、内膳正。

生涯編集

板倉勝矩が重昌流板倉家に養子入りする以前、安中藩時代に生まれる。 安永4年(1775年)1月25日、父の死により家督を相続した。安永9年(1780年)11月18日、将軍徳川家治に拝謁した。同年12月18日、従五位下内膳正に叙任する。領内飢饉大坂加番中の大坂城火事により、藩財政が窮乏する。相馬中村藩から野中半宇衛門を招いて財政再建に尽力した。文化12年(1815年)に死去し、跡を長男の勝俊が継いだ。