板倉氏(いたくらし)は、武家華族だった日本氏族の一つ。通し字は「勝」、「重」。戦国時代松平氏に仕え、江戸時代には4家が譜代大名として続いた(松山藩(高梁藩)主、上野安中藩主、陸奥福島藩主、備中庭瀬藩主)。維新後には4家とも子爵家に列する[2][3]

板倉氏
家紋
九曜巴
本姓 清和源氏足利氏流
家祖 渋川義顕
種別 武家
華族子爵
出身地 下野国足利郡足利庄板倉[1]
主な根拠地 三河国
備中国
東京府東京市
著名な人物 板倉勝重
板倉勝該
板倉勝静
支流、分家 安中家(武家・子爵)
福島家(武家・子爵)
庭瀬家(武家・子爵)
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

足利泰氏の二男足利義顕を祖とする渋川氏の末裔であると自称しているが、事実関係は疑わしい[2]下野国足利郡板倉に住したので板倉氏を称するようになったという[2]

三河の板倉氏は板倉頼重を祖としており、頼重・好重父子は深溝松平氏に仕える[2]。好重の子板倉勝重徳川家康に召し出されて重用され、駿府町奉行江戸町奉行京都所司代などを歴任(勝重は「大岡越前」のモデルとなった人物といわれる[4])。加増されて慶長14年 (1609年)に所領1万石以上になり譜代大名となった。その後所領は何度か転封されたが、1744年(延享1年)以降は備中松山藩5万石の藩主家として続いた。これ以外にも分流として上野安中藩主板倉家、陸奥福島藩主板倉家、備中庭瀬藩主板倉家の3家があった[2]

幕末には松山藩主板倉勝静が幕府老中となったが、戊辰戦争政府に反逆したため勝静蟄居後に家督を継いだ勝弼は5万石から2万石への減封処分を受け、高梁藩と改称した[5]。1869年(明治2年)6月の版籍奉還で高梁藩知事に転じたのを経て、明治4年(1871年)の廃藩置県まで務めた[5]。福島藩主板倉勝達も戊辰戦争で政府に反逆した廉で処分を受けたが、三河国重原2万8000石を与えられて存続し、重原藩知事を経て廃藩置県まで務めた[6]。安中藩板倉家や庭瀬藩板倉家は官軍に属したので特に何の問題もなく知藩事を経て廃藩置県まで務めた[7][8]

明治17年(1884年)の華族令の施行に伴い、大名だった4家の板倉家はいずれも旧小藩知事として子爵家に列した[9]

福島(重原)板倉家の当主板倉勝達子爵は、貴族院議員を務めた。その長男板倉勝憲子爵も朝鮮総督府嘱託証券交換所取締役を務めたのを経て貴族院議員を務めている[10]

昭和前期、宗家(備中松山・高梁)と庭瀬の両板倉子爵家は東京市渋谷区笹塚[11]、福島(重原)板倉子爵家は東京市赤坂区青山南町[12]、安中板倉子爵家は東京市淀橋区下落合[13]にそれぞれ邸宅を構えた。

2021年5月19日には板倉宗家の19代当主板倉重徳東京五輪の聖火リレーのランナーとして、かつての旧領・岡山県を走行している[14]

主な一族編集

宗家編集

重形流板倉家編集

重昌流板倉家編集

系譜編集

凡例 太線は実子、細線は養子、数字は何代目かを指す。 *は 同一人物
 1 = 宗家(関宿藩伊勢亀山藩鳥羽藩→伊勢亀山藩→備中松山藩)
 ① = 重形系板倉家(安中藩泉藩相良藩→安中藩)
[1] = 重昌系板倉家(深溝藩三河中島藩烏山藩岩槻藩坂木藩福島藩)
(1) = 重宣系板倉家(高滝藩庭瀬藩)

                         板倉頼重
                           ┃
                          好重
                      ┏━━━━╋━━━━━━━━━━━┓
                     忠重   勝重1宗家)      定重
     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━┳━━━┓
    重昌[1](重昌系板倉家)                     重宗2  重大
     ┣━━━━┓                   ┏━━━━━━┫   ┠──┐
    重矩[2]  重直                  重形    重郷3  *重冬 重浮
   ┏━┻━━━━━━━━━┳━━━━┓      (重形系板倉家)   ┃      ┣━━┓
   ┃           ┃    ┃         ┃      ┃      ┃  ┃
  重良          重種[3] 重矩娘          重形娘    重常4     勝丘 *勝該
   ┃           ┃     ┃         ┃      |            |
  重宣(1)         重寛[4]  高木正陳       重同   *重冬5勝該
(重宣系板倉家)       ┃    ┃         ┃      ┃
   ┃           ┃    ┃         ┃      ┃
  重高(2)         重泰[5]  *勝里        勝清    重治6
   ┃           |           ┏━━╋━━━┓  ┃
  昌信(3)        *勝里[6]        *勝矩 勝意 勝暁 勝澄7
   ┃           ┣━━━━┓         |      ┣━━┳━━━┳━━┓
  勝興(4)         勝任[8]   勝承[7]       *勝尚   *勝行  勝政10 勝従9 勝武8
   ┣━━━━━━┓         |       ┏━┻━┓    ┏━━┫
  勝志(5)    勝喜(6)       *勝行[9]     勝殷  勝明 *勝尚 勝晙11
     ┏━━━━╋━━━━┓    |                     ┃
    勝氐(7)  勝資(8)  勝貞(9)勝矩[10]                勝職12
               |    ┃                    |
              勝成(10)  勝長[11]                勝静13
               |    ┃                    |
              勝全(11)  勝俊[12]                勝弼14
               |    ┣━━┓
              勝弘(12)  勝弘 勝顕[13]
                       ┃
                      勝己[14]
                       ┃
                      勝達[15]

脚注編集

参考文献編集

  • 新田完三 『内閣文庫蔵諸侯年表』東京堂出版、1984年(昭和59年)。 
  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 華族大鑑刊行会 『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342 

関連項目編集

外部リンク編集