板倉 重泰(いたくら しげやす)は、江戸時代中期の大名陸奥国福島藩主。官位従五位下出雲守。重昌流板倉家第5代。

 
板倉重泰
時代 江戸時代中期
生誕 元禄4年5月24日1691年6月20日
死没 享保3年閏10月24日1718年12月15日
官位 従五位下出雲守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
陸奥福島藩
氏族 板倉氏
父母 板倉重寛
水野忠直
勝里
テンプレートを表示

略歴編集

板倉重寛の長男として誕生。

享保2年(1717年)、父の隠居の跡を継ぐが、翌年に父に先立って28歳で死去した。男子はいなかったので、河内国丹南藩主・高木正陳の次男・勝里を養嗣子に迎えることになる。

系譜編集