メインメニューを開く

板取川(いたどりがわ)は、岐阜県福井県の県境付近に源を発し、関市美濃市を流れ、長良川に合流する木曽川水系の一級河川。水質がよく、川下りや釣りが盛んに行われる。またキャンプ場が点在しており、夏を中心に観光客でにぎわう。岐阜県だけでなく、愛知県などからの観光客も多い。

板取川
Itadori river.jpg
睦橋から上流方を望む(2009年9月)
水系 一級水系 木曽川
種別 一級河川
延長 53 km
平均の流量 14.50 m³/s
(下洞戸観測所 2008年[1]
流域面積 313 km²
水源 左門岳岐阜県
水源の標高 1,224 m
河口・合流先 長良川(岐阜県)
流域 岐阜県
テンプレートを表示
板取川 猿飛の奇岩
肖像権に抵触しないように顔は修正しています。
板取川の白谷ダムを下流から撮影

目次

地理編集

板取川水源については2説有る。 地域住民に定着しているのは、板取川分岐点南に位置する旧杉原村の北西上流部、門原川との合流地点までを川浦谷と呼び[2]。合流点以降を板取川とよぶ。また、板取川水源は板取村史[3]、根尾村村史[4]、洞戸村村史[5]、角川地名大辞典[6]、等[7]では左門岳と記載されており、ゼンリン住宅地図によると門原川は滝波谷と合流して滝波川になり、川浦谷川と合流して板取川になると記載されている[8]

しかし、国土地理院地図によると滝波谷と門原川の合流地点以降滝波谷を板取川と記載している。また、国土交通省中部地方整備局によると、板取川が3次、川浦谷川が4次、西ノ洞谷川が5次の支流として河川コードが記載されている[9](付与年月2004年3月)。また、同じく国土交通省中部地方整備局河川コード台帳(河川模式図編)によると、門原川の記述は無いが川浦谷川が板取川支流の扱いになっている[10]

また、岐阜県の地域史が詳細に記されている濃陽徇行記・濃陽志略によると「此山より流来れる渓水杉原前にて板取川に落合なり」[11]との記載と、「谷々はアケシ谷、西ヶ洞、小ツケ、千川原、ハコ洞、大ダイラ、ヂゾウ洞、水洞、ウチハミ、小谷、海水谷とわかれ、此水落合て板取川と云うなり[11]」という記載が有る。

以下に2説の違いを地図にて表示する。

源流については2説有るが板取川は関市板取地区を流れ、同市洞戸地区通元寺で柿野川、美濃市片知で片知川を合流し、美濃市安毛で長良川と合流する。

流域の自治体編集

岐阜県
関市美濃市

主な支流編集

  • 柿野川
  • 片知川
  • 西ヶ洞(西ヶ洞谷、西ヶ洞谷川)

主なダム編集

板取ダム計画編集

長良川ダム計画は1964年(昭和39年)に計画された。ダムの主たる目的は伊勢湾台風により、岐阜市内忠節橋付近で毎秒8,000トンの水が流れ堤防が壊れる恐れがあったため、当時の建設省が長良川下流域を洪水の被害から守るために、大洪水時でも長良川の流量を7,500トンにおさえる調節ダムが必要と判断した事による[13]。 ダムの型式・規模・湛水面積・総貯水容量等は不明であるが、ダムの建設予定地は旧板取村の一里保木[14]に計画されており、完成すると旧・板取村は板取川周囲の集落が白谷地区を除いてほとんどが水没する事になる計画であった。 しかし、板取村村民の強固な反対によって1982年(昭和57年)に計画は白紙撤回されている[15][16]。白紙撤回は当時の知事上松陽助がダムの建設予定地の一里保木にある杉の子キャンプ場広場にて村民との青空公聴会の形式で行われた[17]

これは、水資源開発公団(現・独立行政法人水資源機構)が名古屋中京工業地帯に水を供給するために長良川河口堰と一体で長良川の水運用を図るべく、1970年代に板取川にダム建設を計画していた。

長良川河口堰への反対運動も強かったことが強固な反対運動を支える原動力となっていたようである。この様な経緯で中止になったダム事業1972年(昭和47年)に白紙撤回された「沼田ダム」(利根川)や1996年(平成8年)に計画が事実上中止となった「細川内ダム」(那賀川)等がある。

その他編集

美濃市蕨生地区では毎年5月(6月)頃に地域の子供たちにより「地蔵流し」という行事が行われる。これは地蔵の絵のかかれた和紙を流し水難防止を願うもの。

引用文献・引用サイト等編集

  • 流況表/下洞戸(しもほらど)”. 水文水質データベース. 国土交通省水管理・国土保全局. 2016年10月4日閲覧。
  • 河川コード台帳(河川コード表編) (PDF)”. 中部地方整備局 (2012年3月). 2016年10月3日閲覧。
  • 河川コード台帳(河川模式図編) (PDF)”. 中部地方整備局. p. 105 (2012年3月). 2016年10月3日閲覧。
  • 中部電力の水力発電所一覧”. 中部電力 (1925年6月). 2016年8月9日閲覧。
  • 島田靖 堀居啓介 『岐阜県の山 新・分県登山ガイド20』 (初版) 山と渓谷社、2005年11月15日。ISBN 4-635-02320-6 
  • 板取村教育委員会 『郷土板取のあゆみ』 (初版) 板取村教育委員会、1983年4月10日。 
  • 板取村役場 『広報いたどり 昭和57年7月号』No.107巻 板取役場、1987年7月15日。 
  • 竹内理三(編) 『角川日本地名大辞典』 角川書店〈21 岐阜県〉、1980年9月20日、初。
  • 樋口好古、平塚正雄(編) 『濃州徇行記 濃陽志略』 大衆書房、1988年3月20日、復刻再版。
  • 平凡社地方資料センター(編) 『日本歴史地名体系 第二一巻』 平凡社〈岐阜県の地名〉、1989年7月14日、初。
  • ゼンリン 『ゼンリン住宅地図』 ゼンリン〈関市3(洞戸・板取・武芸川)〉、2015年10月。ISBN 978-4-432-39397-8
  • 渡邉賢雄 『板取村史』 板取村教育委員会、1982年5月、初。
  • 吉岡勲(村史監修指導者)、江崎阡二(村史編集委員会委員長)、畑中正一(村史専門委員会委員長) 『根尾村史』 根尾村、1980年8月31日、初。
  • 洞戸村村史編集委員会(編集) 『洞戸村史』上巻、洞戸村、1988年3月、初。

脚注編集

関連項目編集