メインメニューを開く

板垣 兼富(いたがき かねとみ)は、戦国時代武将大宝寺氏の家臣。出羽国飽海郡菅野城主。

 
板垣兼富
時代 戦国時代
生誕 天文8年(1539年
死没 永禄7年(1564年
主君 大宝寺義増
氏族 板垣氏

略歴編集

板垣氏は出羽飽海郡の国人。戦国時代は大宝寺氏の旗下にあった。

天文8年(1539年)、誕生。永禄7年(1564年)、大宝寺義増村山郡侵攻に従軍し、26歳で討死にしたと伝わる。