メインメニューを開く
木製卒塔婆が多くみられる神戸市北区淡河町墓地

板塔婆(いたとうば、いたとば)とは、追善供養のために墓の脇になどに立てる木製の長い板のこと。卒塔婆(そとうば、そとば)ともいう。

目次

概要編集

塔婆とはストゥーパの音訳であり、ストゥーパとは仏舎利を納めた墓のことであり、それの形を模した板である。

板塔婆は、日本の仏教のいくつかの宗派で用いられている。

五輪塔に似せた形に作られており、五大を表し、上から空、風、火、水、地である。それぞれ宝珠形、逆半円形、三角形、円形、長方形をしている。

梵字経文戒名などを書く[1]

亡くなった人のために板塔婆を立てることを「卒塔婆供養」と言う。まず納骨時に最初の卒塔婆供養を行い、あとは法要ごとに卒塔婆供養として新しい卒塔婆に変える。

歴史編集

平安時代末期ないし鎌倉時代初期ころには使用されるようになっていたと言われている。というのは12世紀末の『餓鬼草紙』に描かれているからである。

ギャラリー(さまざまな卒塔婆)編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 広辞苑

関連項目編集