板橋 拓己(いたばし たくみ、1978年10月28日[1] - )は、日本政治学者。専門は、国際政治史・ヨーロッパ政治史。東京大学大学院法学政治学研究科教授[2]

来歴編集

栃木県生まれ。2001年北海道大学法学部卒業。2008年同大学院法学研究科博士後期課程修了、「近代ドイツにおけるナショナリズムと「中欧」 ドイツ・ナショナリズム論の再検討」で博士(法学)。北海道大学法学研究科助教、成蹊大学法学部助教、2013年同准教授、2016年同教授、2022年東京大学大学院法学政治学研究科教授。

エピソード編集

著書編集

単著編集

  • 『中欧の模索――ドイツ・ナショナリズムの一系譜』(創文社,2010年)
  • アデナウアー――現代ドイツを創った政治家』(中公新書〉,2014年)
  • 『黒いヨーロッパ――ドイツにおけるキリスト教保守派の「西洋(アーベントラント)」主義、1925~1965年』(吉田書店, 2016年)《2016年度日本ドイツ学会奨励賞受賞》
  • 『分断の克服 1989-1990――統一をめぐる西ドイツ外交の挑戦』(中央公論新社中公選書〉, 2022年9月)

共著編集

共編著編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.298
  2. ^ [1]

参考編集

外部リンク編集