メインメニューを開く

板橋駅 (京畿道)

韓国京畿道の駅

板橋(板橋テクノバレー)駅(パンギョ(パンギョ テクノバレー)えき)は大韓民国京畿道城南市盆唐区朝鮮語版にある、(株)新盆唐線韓国鉄道公社(KORAIL)の

板橋駅
3番出入口
3番出入口
판교
パンギョ
Pangyo
所在地 大韓民国の旗京畿道城南市盆唐区朝鮮語版
所属事業者 韓国鉄道公社駅詳細
新盆唐線駅詳細
板橋駅
各種表記
ハングル 판교역
漢字 板橋驛
平仮名
(日本語読み仮名)
はんきょうえき
片仮名
(現地語読み仮名)
パンギョヨク
英語 Pangyo Station
テンプレートを表示

乗入れ路線編集

新盆唐線株式会社管轄の新盆唐線と韓国鉄道公社(KORAIL)管轄の京江線の2路線が乗り入れる。

歴史編集

駅構造編集

改札階は両線とも地下2階に位置する[1]。改札口は両線ともにそれぞれ2か所、出口は両線共通で4か所ある[1]

新盆唐線編集

新盆唐線 板橋駅
판교
パンギョ
Pangyo
(板橋テクノバレー - Pangyo Techno Valley)
◄D10 清渓山入口 (8.2km)
(3.1km) 亭子 D12►
所在地   大韓民国京畿道城南市盆唐区板橋駅路地下 160( 19-2)
位置座標
駅番号 D11
所属事業者 新盆唐線
所属路線 新盆唐線(DXライン)
キロ程 14.2km(江南起点)
電報略号 AFCコード:4311
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2011年10月28日

ホーム階は地下3階に位置し[1]相対式ホーム2面2線を有する。保安用にホームドアシステム(フルスクリーンタイプ)を装備する。ホーム中程に京江線乗換用改札口がある。

亭子寄りに留置線が4線存在する。

のりば編集

案内上ののりば番号は設定されていない。

清渓山入口
| |
亭子
上り   新盆唐線 良才江南方面
下り 亭子光教方面


韓国鉄道公社編集

韓国鉄道公社 板橋駅
판교
パンギョ
Pangyo
(板橋テクノバレー - Pangyo Techno Valley)
(1.5km) 二梅 K411►
所在地   大韓民国京畿道城南市盆唐区板橋駅路 地下160
駅番号 K410
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
所属路線 京江線
キロ程 0.0km(板橋起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2016年9月24日

ホーム階は地下4階に位置し、相対式ホーム2面2線を有する。保安用にホームドアシステム(フルスクリーンタイプ)を装備する。改札階-ホーム階の途中の地下3階に新盆唐線との乗換用改札口がある。

のりば編集

案内上ののりば番号は設定されていない。

| |
二梅
上り   京江線 当駅終着
下り 二梅京畿広州驪州方面


利用状況編集

2018年の京江線の乗車人員は3,964人[2]

駅周辺編集

 
板橋新都市の街並み

バス路線編集

隣の駅編集

新盆唐線
  新盆唐線
清渓山入口駅 (D10) - 板橋駅 (D11) - 亭子駅 (D12)
韓国鉄道公社
  京江線
板橋駅 (K410) - 二梅駅 (K411)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集